今日に久しぶりに岩国市錦町へ。

今まで来ることは決して少なくはなかった錦町だけど、
行ってないところもまだまだ多い。

雙津峡温泉憩の家

というわけで、お昼ご飯は行ってないところでということで、
雙津峡(そうづきょう)温泉憩の家へ。

雙津峡温泉憩の家

雙津峡温泉と言えば、天然のラドン温泉として有名。
憩の家は入浴施設もあれば、お食事がでいる場所でもあるのだ。

お食事処

お食事処の営業は11:00~15:00.ラストオーダーは14:30.
平日だからだろうか、他にお客はいなかった。

ポーク鉄板焼き御膳

旅相棒が注文したのは、ポーク鉄板焼き御膳。1780円。
憩の家自慢のヤマメ南蛮漬けが付いている。
大きいヤマメで美味しい♪

ポーク鉄板焼き御膳

お肉は鹿野高原豚。

鮎御膳

自分は大好きな鮎を使用した鮎御膳。2180円。
なんとまあ豪勢♪

鮎御膳

子持ち鮎に、

鮎御膳

初めて食べた鮎の唐揚げ。
サクサクで頭まで食べれて美味しい♪

鮎御膳

鮎の押しずしなんて、初めて見たよ(笑)

他にも玉子豆腐やポテトサラダが付いている。

ラドンコーヒー

食後はラドンコーヒー。360円。

他にも食べたいものがたくさん。
また来てみよう。


飲泉所

こちらは施設内にある飲泉所。
飲める温泉であるということで、無料で飲める。

飲泉所

効能は、痛風、慢性消化器病、慢性胆嚢炎、胆石症、神経痛、筋肉痛、関節痛。

入浴

温泉は源泉掛け流しの天然ラドン。
お湯から気化したラジウムを吸入することで、体内の潜在的生命力が刺激され
治癒力も高まることから療養泉として高い効果があるとのこと。

少しぬるま湯で、のんびり浸かることができる。

効能は、糖尿病、痛風、冷え性、高血圧等々。
療養泉なので、とにかく病気があれば浸かってみるといいかもしれない。



久しぶりの錦町旅はかなりいい旅になったかな♪



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2016.08.24 Wed l 岩国市 l COM(0) TB(0) l top ▲

さて、下松SAでけずりかまぼこを買って、再び岩国市へと向かう。

岩国市では最初の目的地が決まっていたので、
そこで何か食べるものをということで、玖珂PAへ。

玖珂PA

そういえば、玖珂PAってほとんど行ったことがないなあ。
だいたい下松SAで休憩したらそのまま岩国だったからね。

岩鯖寿司

で、玖珂PAで買ったのは、ノボリにも出ていた玖珂PA限定の岩鯖寿司。

岩鯖寿司

鯖はノルウェー産だが、酢飯の間には岩国産のレンコンが入っている。
レンコンのサクサク間と、たっぷりかかったネギ味噌がたまらなく美味しい♪
ナイフも付いているので、外でも食べられる。




岩鯖寿司の後ろに新緑が見えているけど、食べた場所は、

川下のクスノキ巨樹群

川下のクスノキ巨樹群。
前回の訪問は9月だったので、今回は新緑がきれいな5月を選んでみた。

川下のクスノキ巨樹群

万治2年(1659)、当時の領主吉川広正が隠居のための別居を
中津(現在の楠町一丁目)に造ることにし、堤防改修の時に植えられたと云われる。
延宝4年(1676)に中津の庄屋が植えたという説もあるようだ。

川下のクスノキ巨樹群

クスノキで最大のものは高さ30mにも達し、
これほどの巨樹が群生している例は稀だということだ。

川下のクスノキ巨木群

所々にベンチが設置されているが、どれもボロボロに近い(笑)
巨樹群の端にある石のベンチに座って岩鯖寿司を食べた。

川下のクスノキ巨樹群

川棚のクスの森とは違った感動が味わえる川下のクスノキ巨樹群。
宇部からはちと遠いが、お気に入り名所の一つ。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪





ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2015.05.17 Sun l 岩国市 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は岩国市の紅葉谷公園へ。

紅葉谷公園の紅葉

ちょうど見頃を迎えていて、気持ちが良かった。
寒波も過ぎて少し暖かった。

紅葉谷公園の紅葉

錦帯橋はよく来ているので、記憶が曖昧になり、
旅相棒と「紅葉谷公園に来るのは3年ぶりくらいかな」なんて話していたんだが、
帰って調べてみると、5年ぶりでしたわ(笑)
時が経つのは早いね…。

紅葉谷公園の紅葉

だから、紅葉谷公園内にある永興寺境内が大きく様変わりしていたのにはびっくり。
5年も前だからどんなだったか微妙な記憶ではあるが(笑)

紅葉谷公園の紅葉

有名な名所だけあって、平日でも観光客は多い。

紅葉谷公園の紅葉

にゃ~さんはお昼寝中ですか、そうですかそうですか。

紅葉谷公園の紅葉

まだまだ楽しめそうだ♪


さて、帰りは2号線を通ってのんびり帰宅。
途中で何か食べて帰ろうということになり、
色々検討した結果、ラーメンということになった。
そろそろ下松市に入ろうかという位置だったので下松のラーメン屋に決定。

下松のラーメンといえば、やはり牛骨であろう。
牛骨で老舗の店ならば、中華そば紅蘭。牛骨ラーメンの元祖だ。

では、さっそく。

中華そば並

中華そば(並)、500円。
紅蘭のラーメンのメニューは中華そばのみで、
並、中、大を選ぶことになる。トッピングは150円プラスでチャーシュー。
麺は中太ストレート、柔らかめか硬めかを選べる。
スープも薄いめ、濃いめを選択可。

中華そばチャーシュー

こちらは並で硬め濃いめ、チャーシュープラス。
濃いめだけあって、スープの色もそれなりだ。
チャーシューは薄切りで脂少な、プラス分はどんぶりの縁にずらりと並ぶ。


率直な感想、かなり美味い! これが牛骨ってやつか!!
醤油ベースだが、少しまろやかな甘さも感じられるか。
食べ続けると、濃いめの脂でなくとも醤油辛さを感じてくる。
とにかく味は一級品だと感じた。さすがは昭和27年から続く老舗だ。

並が500円とワンコインで食べられるのも良い。
チャーシュープラスしても650円だもんな。
ちなみに中は600円、大は700円だ。
今回は煮玉子100円も付けたが、いなりずしが人気のようだ。
次回はいなりずしも注文してみよう。

営業は11:00~17:00 定休日:水曜日。
店横の駐車場は狭くて普通車には不向きだけど、
数十メートル離れたところに大きな専用駐車場もあるので
こちらを利用するといいだろう。20台近く停められるんじゃないかな。



岩国レンコンソフト

こちらは岩国レンコンソフト、380円。
岩国の行きは高速道路を利用したので、下松SA(上り)で購入。
車の中は暑かったからなあ。

ソフトクリームは甘くて美味しいが、レンコンの味は良く分からない。
しかし刻んだレンコンが入っているので、シャキシャキ感が味わえる。
高瀬茶も気になったので、次はそちらにしてみるか。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪




2013.11.21 Thu l 岩国市 l COM(1) TB(0) l top ▲
岩国市錦町須川の江龍寺に行ってきました。

江龍寺

江龍寺の建立は延宝元年(1673)。
第15世の俊道大和尚は名僧で、一般住民の教化に尽力し、
大変慕われていたといいます。

DSCF52841.jpg

こちらは俊道大和尚の墓。

俊道大和尚は晩年、下肢、腰痛、すその病気に苦しんだそうです。
明治15年10月12日に没する際に、
私の死後、墓に酒を持って参れば必ず下の病即ち、腰痛、下肢の痛み、
痔疾等を治してやると遺言して遷化(せんげ)しました。

俊道大和尚の墓

墓の前には大量のお酒が供えてあった。
俊道大和尚の遺言を信じ参拝する人も多く、
さらに効果が高く全快する人も多いんだとか。

お酒は2合(360ml)用意し、墓の周りの砂利に半分ほどかけ、
残り半分は墓の前に供える。
そして、「南無俊道大和尚」と唱える。

自分は左膝があまり思わしくないので、しっかり参拝してきたぞ☆
これできっと全快するだろう♪



大量のお酒の瓶

参拝者の多さはお墓の裏の瓶の山が物語っている。

お酒の瓶

これ、全部お酒なのか…。


ツバメのヒナ

さて、最後にツバメのヒナを載せておこうかの。

ツバメの巣は墓のあるお堂の中に作られている。
最も安全な場所に作ったと言えるよね。
参拝しているとき、何度も親鳥がエサを運んできていた。
と、同時に少し警戒していた(笑)



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.06.20 Thu l 岩国市 l COM(0) TB(0) l top ▲
どうしても岩国市錦町の新緑の風景が見たく、新緑ドライブに行ってきましたぞ。
道の駅ピュアラインにしきは去年行ってはいるけど、宇佐方面を走るのは数年ぶりだ。

ドライブの中で見た名所の一つが、宇佐の大滝。

宇佐の大滝

落差28mもあり、2条に分かれて落下する大きな滝だ。
国道434号線沿いにあり、道幅はかなり狭いので長居はできないが、
木々が生い茂っているので長居するほど眺めがいいわけではない。

宇佐の大滝

滝壺近くで見たいという人はどうにかして行くのだろうが…。
ただ、葉が少ない季節なんかは道路沿いからでも眺めはいいんじゃないかな?

宇佐の大滝

しかし停めるところがネックだろうな。
わずかな路肩スペースはあるが、本当にわずかだ。
滝を見ているときは車が来ないことを祈るばかりだ。


それにしても、滝の前景は見えないがとても癒される。
滝であれなんであれ新緑の風景であれば満足だ♪


道の駅ピュアラインにしき

ドライブを楽しんで、帰りの前に道の駅ピュアラインにしきへ。

錦太(ぎんた)

やっとお目にかかったぞ、イノシシの錦゛太(ぎんた)。
ここに来るときは必ず小屋の奥で寝ていて、見ることができなかったのだ。

錦゛太(ぎんた)かわええのう(★´Д`)b
ちなみに錦太(ぎんた)は男の名前だが女の子なんだぞ!

かい~の

近づくと錦゛太も寄ってきてくれたぞ。
と思いきや、永遠とフェンスに体をこすり付けて「痒い痒い」してたぞ。
錦゛太よ…(´-ω-`;)ゞポリポリ



で、出発前に外のトイレに入ると、鳥の鳴き声が響き渡っている。

ここのトイレには鳥のさえずりBGM使用かっ!?(←バカ)




あ、違った。




よく見ると、トイレの中にツバメの巣がって、ツバメのヒナがさえずっていたぞ。

ツバメの巣

ツバメかわええのう(★´Д`)b

元気よく巣立って、また帰ってこいよ~。




ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.06.07 Fri l 岩国市 l COM(0) TB(0) l top ▲