FC2ブログ

今日の旅は下関市豊北町田耕。

田耕のあじさい園

田耕にある個人宅の裏の斜面一面に紫陽花がきれいに咲いている。

田耕のあじさい園

あじさい園は令和おじさんでお出迎え(笑)

田耕のあじさい園

あじさい園は自由に入ることができる。
ちょうど入るときに管理者の方から「ゆっくり楽しんでください」と
声をかけていただきました。ありがとうございます♪

田耕のあじさい園

管理者の方によると、7、8年前くらいから紫陽花を植え始め、
少しづつ増やしていって現在のような景観になったとのこと。

田耕のあじさい園

個人宅の紫陽花で言えば、県内屈指の見応えではなかろうか。

田耕のあじさい園

いや、個人的には紫陽花名所も含め見応えは県内屈指。
すごく好きになりました♪

田耕のあじさい園

山の斜面に咲いているので、のどかな風景が眺められる。

田耕のあじさい園

園路は狭いので注意が必要。

田耕のあじさい園

素敵なあじさい園を思う存分楽しませていただきました。
ありがとうございました♪

特牛イカ入りお好み焼き

お昼ご飯は、道の駅北浦街道ほうほくで、特牛イカ入りのお好み焼き。
特牛イカが大きくて美味しかったよ♪



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪


2020.06.24 Wed l 下関市 l COM(0) TB(0) l top ▲

リフレッシュパーク豊浦で菜の花を見た後は、歌野川ダムへ。

歌野川ダムの緋寒桜

2016年のときほどベストなタイミングとはいかなかったけど、
きれいに咲いている緋寒桜を見ることができた。

歌野川ダムの緋寒桜

両側が山になっているので、陽が少しでも傾いていると、
日陰になってしまって撮りづらい。正午頃がベストか。

歌野川ダムの緋寒桜

歌野川ダムの緋寒桜

蕾もあったので、そろそろ満開か。

はちみつ

緋寒桜を見た後は道の駅きくがわへ。
ここではたくさんのはちみつが販売されているけど、旅相棒のお目当てがそれ。
どうやら免疫に良いというのをTVで見たらしい。

左から新発売の桜入りはちみつ、生姜はちみ、5年に一度しか咲かない花、リョウブのはちみつ。
はちみつは地元のサンヨー蜂園産。
売り場では結構な人がいた。みんなよくTV見ているんだね。

特にコーヒーとの相性は抜群らしく、血管内をきれいにしてくれるらし。
自分はおそらく血液がドロドロだと思うので(笑)、しっかりと飲むようにしよう。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪


2020.03.13 Fri l 下関市 l COM(0) TB(0) l top ▲

今日は菜の花が見たかったので、花粉とコロナ対策をしっかり行ってドライブだ。

リフレッシュパーク豊浦の菜の花2020

リフレッシュパーク豊浦では菜の花が満開を迎えている。

リフレッシュパーク豊浦の菜の花2020

なんか久しぶりと思ったら4年ぶりだった。

リフレッシュパーク豊浦の菜の花2020

菜の花畑で撮影を楽しむ旅相棒。
今日はすっきりとした青空が広がったけど、少し風が冷たかったね。

リフレッシュパーク豊浦の菜の花2020

何度見ても見応えがあっていいね。

リフレッシュパーク豊浦の啓翁桜

さて、場所を移して大花壇近くでは啓翁桜(けいおうざくら)が植樹されていた。

リフレッシュパーク豊浦の啓翁桜

満開を迎えているね♪

リフレッシュパーク豊浦の啓翁桜

ところで、啓翁桜ってなんぞ?

リフレッシュパーク豊浦の啓翁桜

中国系のミザクラを台木にして、ヒガンザクラの枝変わりとして誕生させたものらしい。
早咲きなので、本格的な桜の開花の前に楽しめるのがいいね♪



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪


2020.03.11 Wed l 下関市 l COM(0) TB(0) l top ▲

今日は6年ぶりに下関市豊田の石柱渓の旅。
前回は春だったので、紅葉時季の旅は初めてだ。

石柱渓の紅葉

入口はとてもきれいに色付いているね。

石柱渓の紅葉

石柱渓の紅葉

遊歩道を歩く体力がなくても、これだけ見れば満足できる。

石柱渓の紅葉

というのも、渓谷内はそれほど紅葉があるわけではない。
所々にある程度で、ほとんどが滝メインになっちゃうからね。

石柱渓の紅葉

案内図によれば、滝は18もあって、見応えはある。
写真はそのうちの一つ、若葉の滝。

石柱渓の紅葉

こちらは、連理の滝。

石柱渓の紅葉

その昔、お通という農家の娘と万作右恵門という若武士が
人知れず語り合う仲になるが、身分の違いを思い悩み、
せめてあの世で夫婦にと、お通は連理の滝壺に投身したという。

石柱渓の紅葉

これを聞きつけた万作はかけつけたが、すでに遅くお通の姿は見えなくなっていた。
生き甲斐をなくした万作は、お通の後を追うようにすぐ上にある閑山の滝で自刃。

石柱渓の紅葉

その後、幾百年と話は語り継がれ、二人の冥福を祈りたいということで、
昭和43年晩秋に碑を建てて「おしどり観音」とした。

石柱渓の紅葉

閑山の滝そばにある東屋。秘境みたいだ。

石柱渓の紅葉

この先も5つ程滝があるんだけど、今回はここで引き返し。
体力尽きちゃった(笑)

次に旅するときは、もっと歩きやすい恰好で来るとしよう。

歩いてみようと思ってる方は、靴選びは慎重に。
長門峡ほど遊歩道は整備されていないので、滑って転倒注意です。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2019.11.17 Sun l 下関市 l COM(2) TB(0) l top ▲

下関市園芸センターの藤棚が見頃を迎えている。

下関市園芸センターの藤棚

今年の藤でここを選択したのは、まだ満開を見たことがなかったんだよね。

下関市園芸センターの藤棚

これで、下関市園芸センターで四季折々の花を制覇したかな?(笑)

下関市園芸センターの藤棚

下関市園芸センターの藤棚は2つあって、1つはヤマフジ系(ピンク)と
ノダフジ系(紫)が一緒になった珍しい藤棚。

下関市園芸センターの藤棚

藤棚と言えば大体ノダフジが多いので、このタイプは見ていて新鮮だ。

下関市園芸センターの藤棚

こちらは、観賞用大温室前のモデル花壇横にある藤棚。
もしかしたら、下関市園芸センターの藤棚と言ったらこちらを指す
人が多いかもしれない。

観賞用大温室前にあるから目立つしね。

下関市園芸センターの藤棚

藤棚下にはイスとテーブルが設置されているので、
ここで弁当を食べる人も多い。

下関市園芸センターの藤棚

今が一番状態がいいね。

下関市園芸センターの藤棚

下関市園芸センターの藤棚

さて、下関市園芸センターの藤棚が平成最後の更新となりました。
令和も「山口県の旅」をよろしくお願いします。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2019.04.30 Tue l 下関市 l COM(0) TB(0) l top ▲