9月は雨が多すぎて、大分旅行以外は出かけていないという有様(笑)

田んぼアート2016

今日は久しぶりの山口県の旅!!
てことで、田布施町の田んぼアートへ。

田んぼアート2016

いつもは9月に行っていたので、稲はまだ緑だったけど、
10月中旬にもなると色が変わっちゃってるね。
まあ、これはこれで秋っぽくていいけど。

田んぼアート2016

商工会議所サリジェ横のアートは、
田布施地域交流館のマスコットキャラクター・たっちー君。
そして、山合いから昇るかがやく朝日。

田んぼアート2016

こちらは、瀬戸の田んぼアート。
キャラクターはくまもんで、「がまだせ!」とデザインされている。
「がまだせ」とは、熊本の方言で「がんばれ」という意味だそうだ。

田んぼアート2016

そういえば、昨年ここの景色は圃場整備のために見納めと記されていたが、
しっかりとアートやってたね。何だったのだろうか。

田んぼアート2016

真殿交差点の田んぼアート。
こちらもくまもんようだけど、なんかユニークな(笑)
もう色もすっかり変わってしまって、ちょっと分かりづらいね。



さて、商工会議所サリジェ横のアートを見ている旅相棒。

田んぼアート2016

左手に持っている約1mの紙袋、何だかお分かりだろうか?


実はこれ、


フランスパンなんです。

レ・ザンジュ

このフランスパンを買ったのは、商工会議所サリジェから徒歩5分のところにある
ベーカリーショップの「レ・ザンジュ」。

レ・ザンジュ

で、フランスパンというのがこちら。

長っ!!

全長約1mのポークウィンナーが入っている。
商品名は「まほうのつえ」。
レ・ザンジュの一押しということもあって、遠方からも買いに来る人がいるらしい。

田布施産いちじくのデニュシュペストリー

こちらは、田布施産いちじくのデニュシュペストリー。
田布施町特産品といえばイチジク。
それを使った商品で、7~9月限定品。

ギリギリ買えたということか。

イチジクとくるみのバターブレット

こちらもイチジクを使用した、イチジクとくるみのバターブレット。

明太子フランス

注文を受けてから焼き上げる、明太子フランス。

しし丸

人気NO.1と表示されていた、揚げパンの「しし丸」。
鯛ちくわを生地で巻いて、ちくわの中にからしマヨネーズが入っている。



この他にもいくつか買ってみたけど、どれも美味しい♪
新たな旅先のお店を発見できたことで、
田布施川での花見も楽しみができちゃったな♪



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2016.10.12 Wed l 田布施町 l COM(0) TB(0) l top ▲

田布施町見て歩記MAPで気になる名所を発見。その名も「奈良の大岩」
というわけでさっそく行ってみることにしよう。

県道22号線沿いの看板を見ると、「謎の大岩」となっている。
看板通り走ると、

謎の大岩

入り口に到着。しかし車での侵入は禁止。駐車場もないので、
看板近くに停めて(すいません)歩くことに。

謎の大岩

夏は歩きたくないような道を進んでいくと、

謎の大岩

開けた場所に到着。その先には…、あ~、なんか岩がある…

謎の大岩

…………

でかっ!

謎の大岩

こんな開けた場所にポツンと大きな岩がある光景はなんとも異様。
この岩は何なのか。

実はこの岩の詳細については、地元民でも知らないらしい。
だから「謎の大岩」なのか。
昭和49年に田布施町の俳人、江良碧松(えらへきしょう)が大岩の前で
撮った写真では「奈良天王社大巌」と記載されているようだ。

ちなみに観光パンフでは「奈良の大岩」となっているが、
この場所が田布施町麻郷奥 奈良だからか。

謎の大岩

謎のままになってしまっている大岩だけど、
まったく分からないというわけでもないようだ。

この集落には民話が残っており、その民話には、
「石城山にあった石が蹴っ飛ばされて今の場所にきた」とあるらしい。
蹴っ飛ばした人物は源義経と云われているらしいが、はたして…。

謎の大岩

謎の大岩周辺は「田布施町まるごと公園化プロジェクト」の一環により、
ラベンダー公園化を目指しているが、コスモスも植えているようだ。

本数は少ないけど、大岩とコスモスのコラボがいい感じ♪

謎の大岩

それにしても今日は一人旅だったというのが残念だ。
旅相棒がいれば岩の大きさが分かるように撮れたんだけどなあ。

謎の大岩

ラベンダーが咲く頃にまた来てみよう。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2015.10.14 Wed l 田布施町 l COM(0) TB(0) l top ▲
田布施の田んぼアートを楽しんだ後は、
最後の締めくくりに富永有隣(とみながゆうりん)旧宅地跡へ。

富永有隣誕生地跡

富永有隣といえば花燃ゆでも登場した人物で、本田博太郎さんが演じている。
野山獄でのシーンはインパクトがあって今でも記憶に残っている。

富永有隣

以前、道の駅萩往還で購入した「明治維新の偉人かるた」の富永有隣。

文政4年(1821)、吉敷郡陶村(現 山口市)で萩藩士の家に生まれる。
藩校(明倫館)に学び藩に出仕するも、冤罪で見島に流罪となり、翌年に野山獄へ投獄。
その野山獄で、海外へ密航に失敗した吉田松陰が入獄し、意気投合する。

獄を出た後に有隣は、松陰の松下村塾に招聘。
その後松下村塾を去るも、長州が幕府軍と戦った第二次長州征伐では鋭武隊を率いて
戦うなど、明治維新に貢献。

明治維新後、国の兵制改革に反対して脱隊騒動を指揮し四国へ逃れるも捕らえられる。
許されて獄を出た後、宿井村瓜迫の末岡家(妹の嫁ぎ先)を頼って身を寄せ、
著述のかたわら帰来塾を開いて青年の教育に力を尽くし、
明治33年(1900)満79歳で亡くなった。

富永有隣誕生地跡

現在の旧宅跡は、昭和13年4月に有志によって建立された顕彰碑が残るのみ。

富永有隣誕生地跡

ちなみに、晩年の有隣を訪問した国木田独歩。
独歩の小説「富岡先生」は、有隣がモデルとなっている。

いつか読む機会があるだろうか。



DSCF7452.jpg

さて、旧宅跡のすぐ近くには有隣の墓もあるということなので、
旧宅地跡前にある瓜迫農村公園にそのまま車を停めて歩いて行くことに。

DSCF7463.jpg

公園から暗い細道がある情報は得ていたので、公園の一番奥まで歩いて行くと
森のような中に細い道を発見。
写真では道があるように見えないけど、中央に入り口がある。

DSCF7458.jpg

道はこんな感じ。
距離的には数十メートルといったところだけど、夏場や雨上がり時は避けたい(笑)

DSCF7454.jpg

暗い道が終わると、老人ホームが見える開けた場所に出た。
うむ、車を停める場所がありますな(笑)

細道を歩きたくなければ、車で来るといいかもしれない。

DSCF7455.jpg

開けた場所から右手に石段があるので、上っていく。

DSCF7456.jpg

そこに墓地があり、その一角に有隣の墓があった。
墓の裏には富永有隣の名が刻まれている。


田布施は桜並木と田んぼアートばかり見ていたので、
楽しい史跡巡りの旅となったよ♪


帰ってからは、田布施地域交流館で購入した、
いちじく大福といちじくゼリーを堪能。

DSCF7420.jpg

いちじくは田布施の特産品でもあり、大福は人気商品のようだ。
ちょうど自分たちが買った後の客が残った大福を買い占めていた。

DSCF7472.jpg

大福を半分に切ると、真っ赤ないちじくが登場。
いちじくはあまり食べる機会がないんだけど、甘くて美味しかったなあ。

DSCF7470.jpg

いちじくゼリーも甘くて、プチプチとした食感がナイス!
この2つもっと買えば良かったなあ。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2015.09.30 Wed l 田布施町 l COM(0) TB(0) l top ▲
久しぶりの田布施町の旅♪
今この季節の田布施といったら田んぼアート!

まずは、観音橋にある瀬戸の田んぼアート。

田んぼアート

田んぼアート

4か所の田んぼアートの中で一番見応えがあり、大きい。
1枚の写真には納まりきらない。

一番左から大波野明地遺跡から出土した分銅型土製品、
数字の6(田布施町町制60周年記念にちなんで)、ハート、山口県の県マーク、

田んぼアート

そして、田布施地域交流館新マスコットキャラクター・たっちー君。
なかなか可愛らしい。

今ではすっかりおなじみの光景となった、瀬戸の古代米アート。
しかし、瀬戸の田んぼアートは2015年で見納めとのこと。
圃場整備となるようだ。

まだ田布施町の田んぼアートを見たことない方は、必ず見ておこう。


さて、お次は真殿交差点にある田んぼアート。

田んぼアート

こちらは、可愛らしいハートの顔が6を持っている。

田んぼアート

そして、たっちー君。


こちらは、田布施西小学校そばにある「ふれあい田」の田んぼアート。

田んぼアート

田んぼアート

こちらはシンプルに60の数字。


最後は、交流館の田んぼ。

田んぼアート

場所は商工会議所サリジェ横。

田んぼアート

すでに陽が傾いて影になってしまったのが残念。
ここのアートも大きいので、撮影しづらい。

田んぼアート

デザインはこんな感じ。

田んぼアート

自分たちの影を入れてみた。大きさを実感。


現在、第3回古代米アートフォトコンテストinたぶせ開催中。
応募期間は10月25日までなので、撮影好きな方は応募してみてはいかがかな?
優秀作品は、田布施町特産の古代米が貰えるらしい♪

古代米ごはん

田布施町と言えば古代米だよね。
ということで、地域交流館で古代米ごはんを購入。
もっちもちで美味しい♪

日替わりライスバーガー カレー味

こちらは、日替わりライスバーガー・カレー味。
もちろんもっちもちでカレー味。また買いたくなる美味しさ♪

DSCF7420.jpg

最後に、田布施町特産品であるイチジクを使用した、
いちじく大福と、いちじくゼリー。

こちらのお味は…、これはこのブログを書き終えて風呂上りに食べるとしよう。

え? 食べてから書けって?(笑)


瀬戸の田んぼアートの近くに、花燃ゆでも登場した富永有隣旧宅地跡がある。
次の次のブログで紹介しようと思うので、そのときにでも大福とゼリーの感想を。

え? なぜ次の次かって?

お次は下松スポーツ公園のコスモスを紹介ということで。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2015.09.27 Sun l 田布施町 l COM(0) TB(0) l top ▲

今日の天気予報は晴れだ。
雨は降らないだろうと思ってはいたが…。


今日は5年ぶりに田布施川河畔でお花見の旅。

田布施川で花見

到着時は青空も広がり気持ちが良くて、平日にもかかわらず花見客も多い。

田布施川で花見

のんびり花見して、少し歩いてみようと思っていたが、

田布施川で花見

田布施川で花見

南から微妙な雲が近づいてくるではありませんか。
到着してシートを敷くまでほんの数分、
弁当を食べ始めた頃には上空雨雲で真っ暗ですな。

あー、そうですか、そうですか。雨男ですか(笑)

田布施川で花見

さて、弁当は前回同様すぐそばの本家かまどやで購入。
自分はかつ丼で、旅相棒はエビマヨチキン弁当に100円プラスでめんたいのせ。

桜の下で食べる弁当は特に美味しいが、たっぷりとのっためんたいがさらに美味い!

田布施川で花見

デザートには同じくすぐそばのマックスバリューの果子乃季で買った、
桜のわらび餅ロール。花見と言うことでこれをチョイス。

田布施川で花見

こちらは上生菓子の桜花。花見にぴったり。

田布施川で花見

そして、この後に雨が落ちてきましたとさ。


ま、こんなことは昔から当たり前のようにあったが、やっぱりショックだよなあ。
他の地域はどうなんだろうな、宇部に戻ったときは快晴な空だったが…。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪




2014.04.02 Wed l 田布施町 l COM(0) TB(0) l top ▲