さて、夏と言えば大好きな怪談。
というわけで昨年に続き再び北九州市の関門海峡ミュージアムへ。

海峡ドラマシップ

昨年はワンシチュエーション・ホラーハウスの「訪問者」だったけど、今年は、

ここから逃がして

今回は出だしに少しだけあるウォークスルーのお化け屋敷スタイルと
360°バーチャルリアリティのホラーハウス。
3Dホログラムが使われている。



ネタバレするわけにはいかないので、詳しくは書かないけど、
今回のテーマは「グウル」GWR(Give Way to Rage)

謎のウィルス感染による突然変異体。感染により理性が消失し、
本能をむき出しに怒りの感情に支配され、生あるモノを本能的に食らいつくモノをいう。

門司港レトロの観光情報等には、

-感染すると欲望のままに狂暴化する-
突如として発生した謎のウィルスで日本中がパニック状態に陥っていた。
安全な場所を求める生存者たち。
途中で逃れた仲間たちからの情報で、あるビルに向かう。
辿りついたのは薄暗い倉庫。
そこには感染者【グウル】が潜んでいた。

無事に逃げることはできるのか。。。

と、紹介されている。

ここから逃がして

今回は前作のように自ら動いて謎を解いたりするようなことはない。
出だしにウォークスルーがあって、メインは3Dホログラムの360°バーチャルリアリティ。
ここはラーメンの一蘭のように一人一人個室になっていて、
ゴーグルとヘッドホンを装着して仮想の映像を楽しむ作品になっている。


旅相棒は、お化け屋敷で一人になるのは残念と言ってたな。
やっぱりまわりとキャーキャー言いたいそうだ。


さて、その映像の内容は言えないけど、
昨年の「訪問者」を経験した人ならば、少し物足りないかもしれない。
まあ基本自分は何もしないから。

でも映像やヘッドホンから聞こえる近づいてくる物音といい、
リアルさは伝わってくる。3Dホログラム自体初体験だったし。
見たこことのある感染映画で例えるなら、
「ワールド・ウォーZ」や「アイ・アム・レジェンド」に近いものがあるかな?


夏休みだし、家族連れで楽しんでみてはいかがかな?
怖いのが苦手な小学生はトラウマになるかもしれないけど。
まあ映像は目をつぶっておけばいいし、
ゴーグルを外せばリタイヤというルールになっている。


話は変わって道中は壇ノ浦PAに立ち寄り。

壇ノ浦PA

関門橋はリフレッシュ工事をしていたので、景観は少し残念だったかな。

壇ノ浦PA

ここで少し何か食べようということで、

ふぐスティック

骨なしで食べやすい「ふぐスティックフライ3本入り」。

アイスドッグ

揚げたてサクサクパンにひんやりソフトクリームがのった「アイスドッグ」。

ジビエドッグ

焼き立てサクサクパンに特製ジビエソーセージを挟んだ「ジビエドッグ」。

どれも美味しくて、ちょうどいいお昼ご飯となったよ♪



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2016.07.29 Fri l 県外の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
水曜日に花の海のひまわりを見た後は、そのまま北九州の門司へ。
どうしても見たいものがあったので、予定通りの行動。

どうしても見たいもの? ひまわり?
いやいや、それは…

海峡ドラマシップ

それは、この海峡ミュージアムの中にある。

海峡ドラマシップ

海峡ミュージアムの中に入り、大正ロマン漂う海峡レトロ通りを抜けると、

多目的ホールの一番奥にある、





訪問者

海峡お化け屋敷  「訪問者」 !!
※ネタバレなしで書くので、安心して読んでください(笑)

そう、これが見たかったのだ。
これさえ見られれば、満開のひまわりもおまけにすぎないといっても過言ではない(笑)
そう、俺は大の怪談好きなのだ。

この海峡お化け屋敷は昨年の「まち子の隠れんぼ」が
来場者6000人、リタイヤ数528人を記録して話題となった。
そして今年は「訪問者」

訪問者チケット

お化け屋敷「訪問者」は、普通のウォークスルー型お化け屋敷ではなく、
密室に入ってその状況を打開する狂気のワンシチュエーション・ホラーハウス。

お化け屋敷紹介でも、
「あなたの住むアパートに訪れる得体の知れない、狂気に満ちた訪問者。
その恐怖から逃げ切れるか!!」とある。



さて、ネタバレを書くわけにもいかないので、結果を言ってしまうと、



すごく面白い!!

さらに俺ビビり過ぎ(笑)

怪談好きな俺より旅相棒の方が肝が据わっている。
公式のFacebookでも記載があるが、この「訪問者」が始まって一週間で
すでに99人(昨日時点)がリタイアしているようだ。

俺たちはなんとかリタイヤせずに済んだけど、
これはいかに冷静でいられるかにかかっている。
ビビりまくっていれば間違いなくリタイアパターンかもしれない。

今の時季にピッタリのお化け屋敷「訪問者」。
夏休みの期間限定オープンなので、興味がある方は挑戦してみてはいかがかな?
ただ小さい子は絶対に無理。トラウマになる可能性もあるかも。

あ~、もう一回行ってみたいなあ。

さて、昼食はそのまま門司港レトロで。

門司港レトロ

門司港レトロと言えば、やはり焼きカレーだろう。
いたるところに焼きカレー専門店がある。

門司港レトロ

暑い中でカレーは重く感じるが、店の中はクーラーが効いてるし、
大のカレー好きな俺には関係なし(笑)

焼きカレー

昼食と言ってもすでに午後3時を過ぎていたので、お店は準備中多し。
一夢庵はオープンしていたのでここで焼きカレーと、

ハンバーグ焼きカレー

ハンバーグ焼きカレーを注文。
お化け屋敷のドキドキした余韻が残る中、美味しく頂きました♪



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪





ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2015.08.02 Sun l 県外の旅 l COM(2) TB(0) l top ▲
徳の宿 ふぶ庵で一泊した後は、国東半島⇒中津市へ。

元々、県外の旅はブログにアップする予定ではなかったので、
2日目は記念撮影ものが多くて紹介できる写真があまりない。
というわけで簡単に書いておこう。

水曜日が悪天候続きで、山口県の旅ができてないからなあ(´・ω・`)
県外ネタで繋げておかないと…。


で、まずは国東半島の道の駅くにさきでトイレ休憩。
国東半島といえば石仏めぐりが有名で、パワースポットとしても知られている。

DSCF19511.jpg

道の駅くにさきでも、国東市のマスコットキャラクター「さ吉くん」の
丸いしっぽを触ると良いことが起きるかもと、パワースポット化している。
うむ、せっかくだから触っておこう。そしてキーホルダーも購入。

さて、いよいよ本格的に国東半島ドライブだが、
国東半島には文殊仙寺、両子寺、熊野磨崖仏など石仏の見どころが豊富。
まず向かったのが……、




マネーき猫公園

富来港の開運橋そばにあるマネーき猫公園。

マネーき猫公園

石仏関係ないじゃん!!

まあ確かにそうなんだけど、この公園がある富来(とみく)地区は、
富来港から文殊仙寺までの約10kmを、とみくじ(富来路)開運ロードと名付けて
町おこしをしているという、こちらもありがたいパワースポットなのだ。

DSCF19531.jpg

富来港入口の富来橋に付いた、七富来(福)神の乗る御座船、富来開運丸。
ここがとみくじ(富来路)開運ロードの起点となる。

マネーき猫公園

で、そのすぐそばのマネーき猫公園でまず運試しというわけだ。
千富万来小判の穴に石を入れて、凶や大吉などを占うというもの。
自分は確か小吉だったかな。

この位置取りを見ると、右端にある小さな凶に入れば
ある意味運が良いんじゃないの?(笑)
とりあえずここで運試しを楽しんで、次に向かったのは、



富来神社

宝くじを買って祈願すると当たると有名な、富来神社。
旅相棒がロト6を毎週買っているので、祈願してきた。
ここでは記念撮影が多くて紹介できる写真がないのが残念だけど、
本殿の裏には開運運玉唐獅子像があって、像が抱く玉にさわると
宝くじ運や子孫繁栄にご利益があるといわれている。

そういえば、本殿にある台帳に「宝くじが当たりますように」等と参拝の記入ができるんだけど、
自分たちが記入する前の記入者が同じ宇部市の人たちだった。
他県の記入も多い中、すごい偶然だねえ。



さて、お次に向かうのは、

道の駅くにみ

道の駅くにみ。ここのレストラン美浜で昼食だ。

たこめし膳

たこめし膳

タコと車海老が有名ということで、たこめし膳に

車海老うどん

車海老うどん。
昨日からご当地ものを食べ続けられて、満足満足♪


さ、お次は旅の当初に計画していた豊後高田や宇佐八幡宮を飛ばして中津市へ。



石仏はっ!?


時間がないのねん(´・ω・`)


中津城

大分に来たならば中津城は見ておかねばなるまい。
中津城は今大河ドラマで放送されている黒田官兵衛が九州で初めて築いた城で、
初代中津城主でもある。
今中津城を見ずに帰ろうものなら、「大分に何しに行った?」と言われるだろう。




ぶっちゃけ、

大河ドラマは見てないんだけどね( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


中津城

とりあえず、黒田官兵衛みやげ館で官兵衛関連のおみやげを買えて満足♪

中津城からあげ

少し小腹も空いたので、中津城からあげも買っちゃう。

中津城からあげ

うむうむ、美味しい~♪

官兵衛ソフト

最後は道の駅なかつで買った、黒田官兵衛ソフト。
黒田豆と、赤い兜を模したジャムをのせている。



今回の最後らへんはかなりはしょった(笑)紹介になってしまったけど、
大分県の旅はこれで終了~。
県外はなるべく一年に一回は旅をするようにしているけど、
来年も温泉に入りに行けたらいいなあ。
お気に入りの九重にある筋湯温泉にでも。

それまではまたお金を貯めつつ、山口県の旅を楽しみますかな。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪






ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪




2014.10.02 Thu l 県外の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲

海山の蔵で昼食し終えると、外はいつの間にかどんより。
今にも雨が降り出しそうだ…。
宿のチェックイン時間も迫りつつあるので、迅速に地獄めぐりへ(笑)

パンフレット

今回は全部の地獄を巡ることに。
全部を回るのは10年ぶりとなる。
この10年間にちょくちょく大分に遊びにきているんだけど、
ほぼ雨だったから(笑)地獄めぐりは避けていたんだよね。

何年か前は大雨の中、久しぶりに海地獄と血の池地獄だけでも見ておこうと思って入ったが
あまりよく見えなくて残念な結果だったし。

かまど地獄

かまど地獄五丁目は、時間によって色が変化するといわれている。
ここの売店で唐辛子とシナモン入りの「赤鬼ソフト」なるものが売られていたが
一体どんなソフトなのだろうか…。

ここでは韓国の団体がいて人も多かったので、すぐに次の地獄へ。

白池地獄

白池地獄は淡水魚ピラルクなどが飼育されている熱帯魚館がある。
まあ「珍しい魚大好き!!」ってな人以外には地味な地獄の一つ。
現に人は少なかった。

山地獄

動物が飼育されている山地獄。
動物なんていたっけ? というのが最初の感想。

山地獄

山地獄は10年ぶりなんで、記憶がまったくありませんでしたな。
帰って10年前のアルバムを広げてみると、しっかり「カバ」の写真がありましたよ。

海地獄

コバルトブルーがきれいな海地獄。
1200年前の鶴見岳の爆発によってできたものと言われている。
大きなお土産屋もあるので、海地獄だけ見ておくという旅も多かったりする。

さて、この時点で残す地獄は鬼石坊主、血の池、龍巻の3つ。
宿のチェックイン時間を考えると少し厳しい。
てなわけで、鬼石坊主は素早く見て、素早く記念撮影(笑)

血の池地獄

そして血の池地獄。
ここにも大きなお土産屋があるので(一番品揃えが良い)、必ず立ち寄っておきたかった地獄。
地獄めぐりは17時で終わりなので、本当にギリギリだった。
お土産物色してたら蛍の光が流れていたもんな~。

ここでの目的の一つであった、血の池プリンが買えなかったのが残念。

パンフレット

スタンプも集めていたけど、血の池地獄でタイムアップ。
結局龍巻地獄は見られなかった。
なんか一つ押せていないのはバランス的に気になるところではあるが、
これは「次回こそ制覇!」という楽しみにしておこう。


今回の宿は、徳の宿ふぶ庵。

ふぶ庵

ふぶ庵

ふぶ庵は素泊まりの湯宿で、飲食物持ち込みやデリバリーが自由。
食事が付いていない分、値段が安くて良い。
人気があるようで、この日は7室のうち「豊徳」だけが運よく空いていたのだ。
もう少し早く客室状況を見て予約をしていれば他の部屋も選べただろうけど、
今回は当初島根旅行を考えていたから仕方ないか。

まあ、一番安いといっても何の不満もない雰囲気の部屋だったけど♪
他の部屋のように眺めがいいとかはないんだけどね。

ふぶ庵

全室に内湯・露天風呂付きで、源泉かけ流し美人湯。

ふぶ庵

群馬の川中、和歌山の龍神、島根の湯の川の日本三大美人湯に勝るとも劣らないんだとか。
何度も入ると翌日に肌がスベスベになっていることが実感できる。
無臭泉でもある。

外湯は少し小さめだが、気持ちがいいから気にならない♪
宿に着いてすぐに浸かって、ビールを飲みながら夕食後にもう一回、そして朝一♪


さて、夕食。
ふぶ庵は食事なしなので、泊まる際はある程度計画を立てておかねばならない。
市街地から近いので、食べに出るかデリバリーするか、持ち込むか。
今回は持ち込み。最初は海山の蔵を夕食に計画していたんだけどね。

夕食

今回の夕食は、道中に福岡県の道の駅豊前おこしかけで購入した、あさり弁当。
大分県中津市の豊国畜産ぶんごやで購入のからあげ。
明礬温泉傍の岡本屋売店で購入した、塩たまご、とり天。
ビールは近くのコンビニで調達。
少し少なく感じるけど、数時間前に海山の蔵で豊後牛食べてるから丁度いい量だ。

この日一日は大分のご当地グルメを結構食べられたな♪

クーラーボックスが随分と役に立ってくれたが、
部屋には冷凍庫も付いているので、翌日の氷も準備できるのがいいね。



さて、翌日は国東半島にも立ち寄るので、夜更かしせずに就寝。

続く!






ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪






ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪




2014.09.28 Sun l 県外の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
7月30日水曜日の快晴を最後に、8月、9月は水曜日がまったく晴れてくれないので、
山口県の旅ができていませんなあ…。
正直このストレスは相当なもの。

というわけで、先週の水曜日と木曜日で大分県の旅へ。

前半は福岡県の道の駅おこしかけと、しんよしとみへ立ち寄って休憩し、
からあげの聖地である大分県中津市でからあげを購入。
そして明礬温泉に浸かって昼食という予定だったので朝6時に出発。

大分旅行のときは必ずといっていいほど雨が降っていたけど、
今回は青空が見えていた。

ぶんごやのからあげ

中津は約60店舗もからあげ店がある激戦地。
中津に立ち寄ったらご当地グルメを食べなければということで、豊国畜産ぶんごやへ。
開店が10時、11時の店が多い中、ぶんごやは8時から営業ということで、
早朝に中津を通過する県外組にはありがたい♪
さらにぶんごやは、西日本しょうゆダレ部門にて5年連続金賞を受賞している名店。

ぶんごやのからあげ

今回は骨なし300gを購入。
注文を受けてから揚げるので約6分ほどの待ち時間。

おお! こりゃ美味い!
揚げたてということもあるけど、しっかりした味付けにジューシーさがたまらない。
う~ん、全部食べてしまいたいがこれは晩御飯用ということもあるので我慢。
夜はビールがすすむな♪

明礬温泉

別府に着いたらまず温泉でしょ! ということで明礬温泉へ。
ここは別府市の中で最も標高の高い場所に位置している。
露天風呂からの眺めもきっといいだろう。

明礬温泉

でも今回は貸切風呂へ。
露天は600円で貸切風呂は一時間2000円だけど、
一人で入るよりも二人で入ったほうが楽しいよね。
湯の花小屋を模した4棟の貸切風呂は予約制。
到着したのは正午だったが、4棟すべて空いていたので「鶴見」を選択。
選択といっても大した違いはないので、どれを選んでもいい。

明礬温泉

貸切風呂は脱衣所がついて、シンプルな作り。
9月で晴れた正午はさぞかし暑いだろうと思っていたけど、
扇風機が設置されているので結構涼しい。扇風機の埃が気になったが…。

服に硫黄の香りが染み付くほどで、皮膚病などに効能がある。
さすがに湯は暑かったので、すこし水で薄めないといけなかったが。
う~ん、なんだが肌がすべすべ。気持ちがいいなあ。

途中で両隣の貸切風呂も使用されていたが、
気配は感じるけど話し声などは聞こえない。

明礬温泉

湯の花小屋

一時間湯を楽しんだ後は、湯の花の製造小屋を見物(無料)。
このあたりから雲が増えてきたので、少し心配になってきたのだが…。


さて、午後の予定は、
別府鉄輪温泉もと湯の宿 黒田やに併設するレストラン海山の蔵で食事をして、
10年ぶりに本格的な地獄めぐり、そして宿にチェックインという流れ。


なんとか14時30分ラストオーダーには間に合った海山の蔵。

DSCF18691.jpg

注文は豊後牛100%ハンバーグステーキの和風おろし。

DSCF18661.jpg

限定10食のステーキ重。
ちとお高いが、お肉はすごく柔らかくてとっても美味しい♪


店を出ると…あれ? 雨降ってるんじゃないの? というような空模様。
あ~、もはやお約束ですな(笑)
この後、無事地獄めぐりできるかなあ…。

続く。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪






ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2014.09.24 Wed l 県外の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲