FC2ブログ

徳地から阿東へ向かう途中で立ち寄った、徳地柚木の柚木(ゆのき)神社。

柚木神社の枝垂桜

神社には専用の駐車場がなかったので、どこか適当なところに停めて
えっちらおっちら歩いて行く必要がある。
場所は柚木慈生温泉の裏辺りになる。

のどかな道を歩いていると、見えてきたのは立派な枝垂桜(写真中央左)。

柚木神社の枝垂桜

民家脇の細道を抜けると、目の前には枝垂桜。
その向こう側にも桜っぽいのが見える。

柚木神社の枝垂桜

枝垂桜横には鳥居、そしてエドヒガンだった。

柚木神社の枝垂桜

2本ともピークは過ぎていたんだけど、普段あまり旅ができない場所なので
これだけ咲いていたら十分だ!

柚木神社の枝垂桜

エドヒガン下にはラッパスイセンが植えられている。

柚木神社の枝垂桜

こちらも見頃で満足。

柚木神社の枝垂桜

枝垂桜、鳥居、エドヒガンが共演できるなかなかの場所じゃないかな。
ただ、自分はあまり気にしないけど電線がカメラマン泣かせかな?



※感染対策・予防に細心の注意を払って旅をしています。
①マスクは着用しています。
②こまめな手洗い消毒実施。
③なるべく観光地は避けています。
④旅先での人との接近は1m以上をキープしています。
⑤コンビニ等の店舗の入店は必要最低限。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪


2020.04.06 Mon l 山口市 l COM(0) TB(0) l top ▲

水曜日、防府市に行く前に立ち寄ったのが山口市の清水寺(せいすいじ)。

清水寺の紅葉

ここを旅するのは、まだ旅相棒と出会って間もない頃だったので、
14、15年ぶりだろうか。

清水寺の紅葉

石段をえっちらおっちら登って行く。
なぜか旅相棒の方が歩くの早いんだよなあ。息切れしてるのに(笑)

清水寺の紅葉

お、見えてきました紅葉が。

清水寺の紅葉

なかなかいい雰囲気だね。

清水寺の紅葉

清水寺の創建は大同元年(806)といわれ、山号は「花瀧山」。

清水寺の紅葉

山口盆地の寺の多くが大内氏全盛の室町時代以降の創建であることから、
清水寺は山口盆地最古の寺と伝えられている。

清水寺の紅葉

前回旅した当時はまだ20代前半だから、地味な名所だねとか言ってたんだが、
今だと「山口盆地最古の寺ってすごいじゃん!」ってなってた(笑)

ツワブキも咲いていたんだけど、こちらは完全に終わりかけ(写真右下)

清水寺の紅葉

紅葉自体はいい感じだったけど、落葉も多かったね。

清水寺の紅葉

陽が雲の隙間から出たのがほんのわずかだったのが残念。
来年以降は晴天の日に旅してみたいな。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2019.11.22 Fri l 山口市 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は山口市の鋳銭司(すぜんじ)郷土館へ。
鋳銭司郷土館は幕末維新の先覚者「大村益次郎」の遺品等や、
周防鋳銭司跡(平安時代の貨幣銭造所跡地)から出土した遺物等の
展示を行っている。

鋳銭司郷土館

入館料は大人100円。
18歳以下・70歳以上は無料になっている。

特製しおり

明治維新150年だからか、幕末ゆかりの人物が描かれた特製しおりがもらえた。
もちろん人物は大村益次郎だ。
そういえばこのしおりは、大河ドラマ「花燃ゆ」放送時も各地で配布してたっけ。


さて、ここでは「おいでませパスポート」でおもてなしが受けられるので、

おいでませパスポート

ポストカードと山口市のトレーディングカードをゲット!
トレーディングカードは美祢市に続き2枚目だ。

金・蔵六幸運扇子

さらに、ゴールデンウイークイベントとして、1日・3日限定で、
15人目、30人目、50人目(以降は20人目毎)の入館者に
「金・蔵六幸運扇子」をプレゼントで、見事に当たってしまった♪

百万円札で顔は大村益次郎になっている。
身体はきっと福沢諭吉だね(笑)
ちなみに「金・蔵六幸運扇子」の蔵六は益次郎の幼少期の通称。


そして、5月1日から開催されている「第6弾 金と蔵六クイズ」。
全10問に挑戦して、全問正解で商品をGETしようというもの。
これは館内をじっくり隅々まで読めば全問正解できる。

ただし「じっくり」となので、さらっと読んで挑戦すると大苦戦する。
自分と旅相棒がそうだった(笑)
ということで鋳銭司郷土館では滞在時間が長くなるだろう。

大博士認定書

全問正解すれば「大博士認定書」がもらえる!
そして豪華賞品をGETすべく応募だ。
応募箱は受付横に設置されている。当たるかなあ、楽しみだ。


お次は、1日、3日、4日限定で開催されている、
銭貸「富寿神宝(ふじゅしんぽう)」づくり。
周防鋳銭司で初めて鋳造されたといわれる貨幣づくりが体験できる。
後で調べてみると3日、4日は先着20名で保護者同伴の中学生以下対象とあったが、
普通に体験をすすめられたなあ。ちなみに自分たちは14:00から体験だった。
もしかしたら、午前中にもあったのかもしれない。

銭貸「富寿神宝」づくり

まず型となる土台に粉を丁寧に塗っていく。
この粉の付き方ひとつで完成度が変わってくるらしい。

銭貸「富寿神宝」づくり

うまくいかなくても、先生がうまく直してくれる。

銭貸「富寿神宝」づくり

粉が終われば組み立てて、

銭貸「富寿神宝」づくり

輪ゴムで縛っていく。

砲金

お次は合金を鍋に放り込んで溶かしていく。

砲金

十分に溶けたら、

砲金

さっと、先ほど組み立てた鋳型に流し込んでいく。
溶かした合金はすぐに固まるので、すばやくだ。
そしてこぼさないように丁寧に。

あとは数分待って、

砲金

鋳型を外す。うまくいってるかドキドキだ。

富寿神宝

あ、きれいに出来上がってる♪
後はこれをバラしていく。

富寿神宝

バリ取りを行えば…、

富寿神宝

完成じゃ!

先生曰く、「財布に入れておけば小銭がたまる、かも」らしい(笑)




事前に何の情報も得ていなくて、たまたま立ち寄った日にこういったイベントは嬉しい。
なんだか色々な郷土館に行ってみたくなったぞ♪
ちなみに近くには大村神社、大村益次郎墓、大村益次郎誕生地、
周防鋳銭司跡があるので全て見て回ると面白いかも♪

銭の菓子

帰る前に近くの長沢ガーデンに立ち寄り、お土産を購入。
銭の菓子本舗の「銭の菓子」。750円。

銭の菓子

日本で鋳造された12種類の銅銭(皇朝十二文銭)で1番目にあたる
和同開珎(708年)を模った最中だ。今回のお土産にぴったりではないか♪

ちなみに、鋳銭司郷土館での貨幣づくり体験は5番目にあたる「富寿神宝」。
発行は818年からで、周防鋳銭司ができたと伝えられる825年当時に
最初に造られたものである。

周防鋳銭司跡

周防鋳銭司跡。
ここで140年余りお金を造っており(平安時代:820年代~)、
日本では一番長く「鋳銭司」が置かれていたと云われている。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2018.05.03 Thu l 山口市 l COM(0) TB(0) l top ▲

今日は雨は降るしちょっと寒かったですな。

愛のふじ橋

それでも3年ぶりに愛のふじ橋を見ておきたかったので、行ってきましたぞ。

愛のふじ橋

でも、さすがにちょっと寒すぎたか。
身体が冷える冷える。

愛のふじ橋

でも藤の花はきれいだったので良かった。
これで終わってたらどうしようかと(笑)

愛のふじ橋

愛のふじ橋

まあたまにはこういう日もあるけど、
それにしたってこの3年間水曜日天気悪過ぎよ?

愛のふじ橋

愛のふじ橋

さて、寒さも厳しいし早めに切り上げて防府市に行ってみよ~。
早く暖かいコーヒー飲みたいのう。

続く!



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2018.04.25 Wed l 山口市 l COM(0) TB(0) l top ▲

陽が沈んで暗くなることを覚悟で、山口市の木戸公園へ。
なんとか明るいうちに梅を見たい。

木戸公園の梅里

予想通り陽は山の向こう側で薄暗くなっているけど、
なんとか梅は見れましたな♪

木戸公園の梅里

しかも今が見頃だ。
蕾も結構あるんだけどね。

木戸公園の梅里

この時間帯は肌寒いんだけど、
周辺の川の流れる音が心地よく響いて長居ができる。

木戸公園の梅里

食べ物なんかを持って東屋で食べるといいね。

木戸公園の梅里

木戸公園の梅里

日中の青空で見れたらきれいだろうな。

木戸公園の梅里

木戸公園の梅の満開を日中の青空の下で見る。
新たな目標だ。

次チャンスあるかな? ダメなら来年必ず!



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2018.03.10 Sat l 山口市 l COM(0) TB(0) l top ▲