紅葉も終わって外はとても寒いけど、

しろくま ユキ

さすがはしろくまのユキ(徳山動物園)、元気よく泳いでいる。

しろくま ユキ

とても楽しそうだ。

楽しそう

筒がお気に入りなんだろう。

楽しそう

それにしてもしろくまを見ていると……、

しろくま ユキ

カフェモカが飲みたくなるな。


ねえ、ペンギンさん。

ペンギンさん


…パンダがいれば完璧だったな。




分かる人は分かるけど、
分からない人にはすいません的なネタです(笑)



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪





ブログも応援してね♪




にほんブログ村

2012.11.30 Fri l 周南市 l COM(0) TB(0) l top ▲
以前萩市を旅していたときに、
道の駅萩しーまーとのお土産で見つけた、維新の偉人イラスト額縁。

維新の偉人

似顔絵がよく似て、それでいてさらにユニークなタッチ。
一目ぼれだった。


が、2,500円もするので、購入には少しためらってしまったんだよね。
「今買えば今月は財布の中が苦しいな…」
まあ、こんな感じで。

だから、その時は購入は見送った。



それから2週間くらい過ぎて、また萩に行くことになった。
むつみにある雲林寺の紅葉を見て、萩市街地に抜けようと考えたわけだ。
そのルートは県道10号線を抜けていくが、その途中には道の駅ハピネスふくえがある。
そこで休憩がてらお土産コーナーを覗いてみると、同じ額縁が売られていたのだ。

まあ、萩市ならばどこのお土産屋でも置いていそうではあるが、
「ここで見つけたということは、買ってしまえということだな!?」
などど、いいように解釈して購入してしまった。

維新の偉人

維新の偉人は50人描かれている。
維新の偉人の名を挙げよと言われたら、正直半分も挙げられない。
仮に名を挙げても、「何をした人だっけ?」というのも多い。

維新の偉人

しかしこのイラストには名前はもちろん、簡潔に偉業も書かれている。
人物の並びは年代順になっている。


これは見ていて楽しい。
今はこれを見ながらすべての人物を答えられるように暗記中だ。

維新の偉人

それにしても、品川弥二郎はいつ見ても面白い。
顔と首のズレはなんなんだろうな(笑)

まあ、こういったタッチの絵に惹きつけられたわけだな。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪





ブログも応援してね♪




にほんブログ村

2012.11.21 Wed l 萩市のグルメ&お土産 l COM(2) TB(0) l top ▲
今日の休みは今シーズン初の本格的な紅葉めぐり。
久しぶりの日曜日旅だなあ。

宗隣寺龍心庭の紅葉

まずは地元宇部の宗隣寺龍心庭の紅葉。
今が見頃という情報は間違いなく、色鮮やかな紅葉だった。

宗隣寺龍心庭の紅葉

山口市の常栄寺雪舟庭でもそうだが、
靴を脱がなければいけない場所は、今の時季冷えて仕方がない(笑)



で、次に向かったのが山口市。
本当は4年ぶりに岩国市の紅葉谷公園に行きたかったのだけど、
日曜日だということで断念。
平日休みに慣れているので、どうも土日の混雑が苦手なんだよなあ…。

瑠璃光寺五重塔の紅葉

予想していた通り瑠璃光寺周辺は混雑しており、駐車するのも苦労したけど、
見に来た甲斐があったよ。

瑠璃光寺五重塔の紅葉

色付きも最高のタイミングで、水面に映る紅葉がきれいだった。
人が多かったけど、意外と長時間眺めてきた。


次に向かったのは常栄寺雪舟庭。
瑠璃光寺周辺が見頃ならここも見頃だろうと予想し立ち寄った。

常栄寺雪舟庭の紅葉

予想は的中、落葉も少なく見頃。
そういえば、ここの紅葉を見るのは何年ぶりだろうか…。
久しぶりに見ると新鮮でいいよなあ。

常栄寺雪舟庭の紅葉

相変わらず、足は冷えるな(笑)



次に向かうは徳地。

途中で道の駅仁保で休憩でもしようかと思ったけど、
駐車場を見てそのままスルー。

平日が休みが多いって恵まれてるんだなあ…、と、つくづく思ってしまった。
まあ、その分各地のイベントを見ることはほとんどないんだけど。
どちらがいいかは人それぞれだろうな。



で、徳地に向かった目的は妙見社の大イチョウを見るため。
実は今日の真の目的はここにあったのだ。
ここには4年前だったか、一度見頃のときに行ったことがあるのだけど、
その時に撮影した写真を消失してしまうという大失態をやらかしたのだ。
それ以来また見たいという思いが常にあったので、今日行ってみることにしたのだ。

見頃かどうかは、まだ少し早いかもという予想。

妙見社の大イチョウ

予想通りあともう少しといったところだが、見応えは今でも十分にある。
最もたる理由として、その大きさにあるだろう。
高さは約37mで、イチョウの木では県内では第2位の大きさを誇る。
目通り幹囲は8,5mで第1位の規模だ。

大きさは横の家と比べてみてもらえれば、分かりやすいと思う。

妙見社の大イチョウ

また、県内で天然記念物に指定されているイチョウの中で
雄株はこの樹だけであり、学術的にも貴重なのだ。

前回ほど見頃ではなかったけど、散り始めでもないので満足。
ただ、長時間眺めていようと思えない残念な欠点が一つある。
ワンコロの存在だ。

大イチョウの真横の家(写真では奥の青い屋根の家)には番犬様がおられる。
ワンコロとは表現が可愛いが、立派なドーベルマンだ。
この番犬様がずっと吠え続けるので、近所迷惑すんません状態になる。
しかもこれが遠くまで響くんだよなあ…。


悪いことはしないので、次来た時は寝ててね☆




ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪





ブログも応援してね♪





2012.11.18 Sun l 山口市 l COM(1) TB(0) l top ▲
金子みすゞモザイクプロジェクト2012の立体モザイクアートが完成したようなので、
長門市仙崎まで行ってきた。

みすゞ立体モザイクアート

長門シーサイドスクエアーから青海島方面へ少し走ると、
金子みすゞ記念館の標識が見えるのでそれが目印。
建物は長門観光ホテルだ。




みすゞ通りの方から来ると、こんな感じに見えてくる。

みすゞ立体モザイクアート


実はこのプロジェクトをすごく楽しみにしていた。
というのも、このプロジェクトにはかまぼこ板を使用しているのだが、
一枚一枚に参加者が書き込みを行っている。
今回はそれに参加、一言書き込んでいたのだ。
書き込んだのはルネッサながとでプロジェクトMギネスが開かれていたとき。

まあ使用枚数は20,000枚ということで、
自分のが使われたかどうか分からないし、
あったとしても目の届く位置になければ探しようがないんだけどね。

かまぼこ板に書き込み

少なくとも、目の届く位置にはなかった。
う~む、もう少し目立つような書き込みをすればよかったな。
絵を描いている人も多かったが、絵はよく目立つ。



さて、今回のプロジェクトは今までにない立体型。
正面、左右それぞれ違った画で楽しめるようになっている。
正面は左の20歳のみすゞ、右の女学校時代のみすゞの画になっている。

女学校時代のみすゞと20歳のみすゞ



女学校時代のみすゞは可愛いのう(*´ε` *)


冗談はさておき、左から見る画は女学校時代のみすゞと変装行列。
変装行列は日本海の荒波で長年をかけて造られた岩で、青海島で見ることができる。
画は夕日と一緒に見たときの光景。

みすゞと変装行列



右からは20歳のみすゞと王子山公園から見た仙崎。

みすゞと仙崎

こちらはどうしても女学校時代のみすゞの顔が浮かんで、
撮影に苦労したな。


それにしても、よく出来ているよね。
書き込みの参加ではなく、制作の参加をしてみたくなる。
11月12日現在、大寧寺の紅葉が見頃なので、
長門市観光の際は立ち寄ってみてはいかがかな。

大寧寺の紅葉

大寧寺の紅葉


あと、旅で少し疲れたなと思ったら、自宅の風呂で温泉気分♪
なんてのはどうかな?
仙崎駅の観光案内所で販売されてる「長門温泉郷五名湯」。
1セット700円で、バラでも販売されている(バラの値段は見てなかった…)

長門温泉郷五名湯

各温泉の源泉で作られているわけではないが、
各温泉の分析値を基に配合されているので、特徴は出ている。
長門の観光の記念にぴったりのお土産ではないだろうか。




ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪





ブログも応援してね♪





2012.11.13 Tue l 長門市 l COM(0) TB(0) l top ▲
内田康夫の浅見光彦シリーズ、山口編!!
浅見光彦と松田将明が防府、萩、長門、美祢、宇部を舞台に事件の闇に迫る。

汚れちまった道・萩殺人事件

汚れちまった道は浅見、萩殺人事件は浅見の友人の松田の視点でストーリーが進みます。
面白いのが、独立したストーリーだけど相互に干渉しあう展開であること。
なるほど、だから「ヤマグチ・クロス」か。


日頃から山口をドライブをしているので、
作中の舞台の光景がよく分かることも面白さを増す要因だったな。

というわけで、紅葉の見頃もまだまだということで、
11月に入ってからは、作中の舞台めぐりをしてきた。
しかも再現だ(笑)

ネタバレはまずいので、3ヶ所のみ簡単に紹介しておこう。

萩反射炉

益田(島根県)から東萩駅へと向かう松田将明。
東萩駅が近づき下車の準備にかかったときに見えた建造物の萩反射炉。

たたずむ女

通り過ぎる瞬間、松田の視線は一人の女性を捉えた。
旅相棒も読んでいるので、佇む女性を演じてもらった(笑)

その女性に魅かれた松田は東萩駅で降りて、そのまま萩反射炉へと向かう。
女性はすでに姿を消していたが、佇んでいた場所で松田はネックレスを拾う。
このネックレスが松田を事件に巻き込んでいくことになるのだが…。(萩殺人事件)



桜山総合公園で稲荷寿司

美祢市の桜山総合公園で稲荷寿司を食べる浅見たち。

伊佐セメント工場

彼らは伊佐セメント工場を見て何を想うのか。
そして事件の謎に迫れるのか。(汚れちまった道)

稲荷寿司弁当がなかったので、助六弁当を買って食べてみた。
めちゃくちゃ寒かった。



石灯篭から見えるもの

石灯籠が並ぶある場所で行われていた密会。
その密会を、ある男は灯籠の蔭から携帯で撮影していたのだが…(汚れちまった道)


まあ、こんな感じで数日をかけて舞台めぐりを楽しんできた♪
その他には中原中也記念館や国道262号線走行など。
たまにはこんな旅があってもいいね。
旅相棒もすごく楽しかったと喜んでくれたぞ♪


1冊1700円もするけど、
ぜひとも2冊読んで、山口の舞台を楽しんでいただきたい。




ホームページの山口県の旅も見てね♪





ブログも応援してね♪





2012.11.09 Fri l 宇部市のグルメ&お土産 l COM(0) TB(0) l top ▲
吉田松陰を祀る松陰神社境内には松陰食堂がある。
そこでは大きな松陰だんごを食べることができる。

松陰だんご

炭火で焼いた団子にオリジナルのゆずみそがかかっている。
外はカリっとして中はもっちりの食感に、ゆずの香りが口の中に広がる。
まさに、うまさ抜群だ!

1本330円。

松陰神社に立ち寄った時はぜひ食べてみてね。




HPの松陰神社の更新はもう少し待ってね…(汗)。



ホームページの山口県の旅も見てね♪





ブログも応援してね♪





2012.11.07 Wed l 萩市のグルメ&お土産 l COM(0) TB(0) l top ▲
萩市の道の駅萩しーまーとに立ち寄ったときに見つけた吉田松陰カレンダー。
販売は萩市限定で500円。

吉田松陰カレンダー




吉田松陰カレンダー

毎月ごとに松陰先生の言葉が綴られている。
意味の解説付きだ。

吉田松陰カレンダー

裏には松陰の略伝。


2013年は松陰先生の言葉とともに過ごしていこう。

販売数に限りがある可能性があるので、ほしい方はお早めに。



ホームページの山口県の旅も見てね♪





ブログも応援してね♪





2012.11.06 Tue l 萩市のグルメ&お土産 l COM(0) TB(0) l top ▲
ちょうど昼頃に道の駅萩往還に到着したので、見蘭牛ダイニング 玄で昼食。

玄

究極の黒

旅相棒は究極の黒(見蘭牛100%)・980円。


至高の赤(見蘭牛・むつみ豚)

おれは、至高の赤(見蘭牛・むつみ豚)・780円。
共に+300円のごはんセットで注文。

至高の赤(見蘭牛・むつみ豚)

さすがは見蘭牛といったところ、やわらかくてとても美味しい。
…相変わらず気の利いた感想が言えなのだが、
グルメコメントは苦手なので勘弁してくださいませ(笑)
とにかく、美味しいことには変わりはないので、その味は直接味わってくれ!!

そういえば土日限定で、天然記念物である見島牛を使用したハンバーグ、
極(きわみ)(幻の見島牛100%)・1500円が味わえるらしい。
希少なため、入荷状況によっては用意できない場合もあるようだ。
う~む、一体どれほどの美味さなのだろう。
一度は食べてみたいものだ。


見蘭牛ダイニング 玄

店内はきれいではあるけど、他の席との距離がやや近いといった印象を受けた。
店員の接客対応は好印象だ♪





紅葉

道の駅萩往還の紅葉は色づきはじめ。
あともう少しで見頃を迎えるだろう。



ホームページの山口県の旅も見てね♪





ブログも応援してね♪





2012.11.02 Fri l 萩市のグルメ&お土産 l COM(0) TB(0) l top ▲