今は紫陽花の季節ということで、周南市まで旅をしてきましたぞ。
たまには宇部から遠い地域の紫陽花を見たくなりましてな。

んで、場所は周南市四熊にあるあじさい桃源郷 峯さん牧場だ。

あじさい桃源郷 峯さん牧場

山深い農村の一角にそれはあった。


事前に地図で調べる限りかなり怪しい道のり、チェイサーではギリギリなんでは…。
そんな予感はあったが、まさにそれに近かった。
四熊に近づくと所々に小さい標識が出ていたのであまり迷いはしなかったけど、
この道に入って対向車が来たらどうすんだ…?っていうような道だったな。
ナビでも道は表示されないし。

しかし運よく対向車もなく、駐車場にも停められてラッキー。

あじさい桃源郷 峯さん牧場

とても静かなところだな。
鳥のさえずりと、小川のせせらぎの音でとても落ち着く。

あじさい桃源郷 峯さん牧場

あじさの数も多く見応えがある。
なによりも山深い農村の景観にマッチしている。

あじさい桃源郷 峯さん牧場

夫婦2人で、紫陽花の桃源郷を造ろうという夢から始まったらしい。

あじさい桃源郷 峯さん牧場

あじさい桃源郷 峯さん牧場

あじさの桃源郷 峯さんの牧場

あじさの桃源郷 峯さんの牧場

駐車場は用意してくれている。
道は狭いので小回りの利く車で来るといいいんじゃないかな。
自分は慣れているけど、苦手な人にはかなり道が細く感じるはず。


でも桃源郷は落ち着く~。
もっとのんびりしていたいぞ!




ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.06.26 Wed l 周南市 l COM(0) TB(0) l top ▲
岩国市錦町須川の江龍寺に行ってきました。

江龍寺

江龍寺の建立は延宝元年(1673)。
第15世の俊道大和尚は名僧で、一般住民の教化に尽力し、
大変慕われていたといいます。

DSCF52841.jpg

こちらは俊道大和尚の墓。

俊道大和尚は晩年、下肢、腰痛、すその病気に苦しんだそうです。
明治15年10月12日に没する際に、
私の死後、墓に酒を持って参れば必ず下の病即ち、腰痛、下肢の痛み、
痔疾等を治してやると遺言して遷化(せんげ)しました。

俊道大和尚の墓

墓の前には大量のお酒が供えてあった。
俊道大和尚の遺言を信じ参拝する人も多く、
さらに効果が高く全快する人も多いんだとか。

お酒は2合(360ml)用意し、墓の周りの砂利に半分ほどかけ、
残り半分は墓の前に供える。
そして、「南無俊道大和尚」と唱える。

自分は左膝があまり思わしくないので、しっかり参拝してきたぞ☆
これできっと全快するだろう♪



大量のお酒の瓶

参拝者の多さはお墓の裏の瓶の山が物語っている。

お酒の瓶

これ、全部お酒なのか…。


ツバメのヒナ

さて、最後にツバメのヒナを載せておこうかの。

ツバメの巣は墓のあるお堂の中に作られている。
最も安全な場所に作ったと言えるよね。
参拝しているとき、何度も親鳥がエサを運んできていた。
と、同時に少し警戒していた(笑)



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.06.20 Thu l 岩国市 l COM(0) TB(0) l top ▲
宇部市二俣瀬車地下でゴテチャの花が見頃との情報を得た。
ゴテチャ? う~む、初めて聞く名だな。

さて、二俣瀬なら車で20分くらいの距離だが、
正確な場所を見つけるのに苦労して時間がかかってしまったな。

曲がり角

国道490号線から車地方面の細い道に入り、山陽新幹線高架橋をくぐって
すぐ右折で良かったんだが、行き過ぎてしまったな。
(株)田辺商会事務所の看板が目印だ。
道幅はかなり狭いがそのまま真っ直ぐ進めば左手に見えてくる。

ゴテチャの花畑

これがゴテチャの花畑だ!

ゴテチャの花

ゴテチャの花は2006年頃から個人宅の畑で栽培されている。

ゴテチャ(色待宵草)はアカバナ科の一年草で、茎の頂上に花を付けるのが特徴らしい。
白、赤、ピンク、紫と色も豊富で花弁は薄い。


ここに花の名所があるなんてまったく気が付かなかったな。

ゴテチャの花畑

山陽新幹線高架橋沿いなので、ときどき新幹線が走り抜けていく。


DSCF53391.jpg

さて、ここではゴテチャの花だけでなく、隣の畑で花菖蒲も植えられている。

菖蒲

雰囲気的には下関市豊北町のこば爺の菖蒲園に似ているかな。

花菖蒲

花菖蒲は咲き始めているが、見頃はもう少し後かな。
ゴテチャはちょっと分からないが、もうしばらくは楽しめそうだ。



観賞にと小さな広場を駐車場として開放してくださっている。
個人の所有地なのでマナーは守ろう☆



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.06.08 Sat l 宇部市 l COM(0) TB(0) l top ▲
どうしても岩国市錦町の新緑の風景が見たく、新緑ドライブに行ってきましたぞ。
道の駅ピュアラインにしきは去年行ってはいるけど、宇佐方面を走るのは数年ぶりだ。

ドライブの中で見た名所の一つが、宇佐の大滝。

宇佐の大滝

落差28mもあり、2条に分かれて落下する大きな滝だ。
国道434号線沿いにあり、道幅はかなり狭いので長居はできないが、
木々が生い茂っているので長居するほど眺めがいいわけではない。

宇佐の大滝

滝壺近くで見たいという人はどうにかして行くのだろうが…。
ただ、葉が少ない季節なんかは道路沿いからでも眺めはいいんじゃないかな?

宇佐の大滝

しかし停めるところがネックだろうな。
わずかな路肩スペースはあるが、本当にわずかだ。
滝を見ているときは車が来ないことを祈るばかりだ。


それにしても、滝の前景は見えないがとても癒される。
滝であれなんであれ新緑の風景であれば満足だ♪


道の駅ピュアラインにしき

ドライブを楽しんで、帰りの前に道の駅ピュアラインにしきへ。

錦太(ぎんた)

やっとお目にかかったぞ、イノシシの錦゛太(ぎんた)。
ここに来るときは必ず小屋の奥で寝ていて、見ることができなかったのだ。

錦゛太(ぎんた)かわええのう(★´Д`)b
ちなみに錦太(ぎんた)は男の名前だが女の子なんだぞ!

かい~の

近づくと錦゛太も寄ってきてくれたぞ。
と思いきや、永遠とフェンスに体をこすり付けて「痒い痒い」してたぞ。
錦゛太よ…(´-ω-`;)ゞポリポリ



で、出発前に外のトイレに入ると、鳥の鳴き声が響き渡っている。

ここのトイレには鳥のさえずりBGM使用かっ!?(←バカ)




あ、違った。




よく見ると、トイレの中にツバメの巣がって、ツバメのヒナがさえずっていたぞ。

ツバメの巣

ツバメかわええのう(★´Д`)b

元気よく巣立って、また帰ってこいよ~。




ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.06.07 Fri l 岩国市 l COM(0) TB(0) l top ▲
久しぶりに美味しいものでも食べようと思い、
旅相棒とドライブを兼ねて美祢市秋芳町へ。

安富屋

向かったのは、秋芳洞商店街にある安富屋。
ここではお土産販売のほか、食事もできるようになっている。

ヤーコン茶

旅相棒はごぼう麺、俺は河童そばを注文。
待っている間、旅相棒は水ではなくヤーコン茶を試飲していたな。
身体に良さそうなので、飲んでみてはいかがかな?



さて、旅相棒が注文したごぼう麺・800円。

ごぼう麺

ここ数年、美東、秋芳では美東ごぼうを全面的にアピールしている。

地元産ごぼうを練り込んだ麺の上に、ごぼうチップが乗っている。
ほのかに香るごぼう、匂いはそう強くはないかな。
よって食べやすくもあるかな。
TBSのはなまるマーケットでここのごぼう麺が紹介されている。

美東ごぼううどん

お土産でも売られているので、お土産にいかがかな?
こちらは匂いも強いので、車中がごぼうの匂いで満たされるほどだ。



河童そば

俺が注文した河童そば・950円。
これは秋芳洞名物。
観光客は大体これを注文しているんじゃないかな?

熱々の鉄板の上に茶そば、牛肉、ネギ、玉子が乗っており、暖かいつゆで頂く。

川棚名物の瓦そばに似ている、というかほとんど同じだ。
ちなみになぜ「河童」というかというと、秋芳洞の禅師河童の伝説に由来している。


禅師河童伝説
1354年にかつてない大干ばつが起こり、人々の生活が苦しくなります。
それを見かねた自住禅寺の寿円禅師が
雨乞いの祈りを捧げるために秋芳洞へと入ります。
祈りは5月1日から21日間も続けられました。

それを見ていたのが一匹の河童でした。
この河童は秋芳洞から流れる川の龍ヶ淵に住んでおり、
以前空腹に耐えかねて自住禅寺の鯉を一匹盗んで食べたのでした。

この河童は秋芳洞で祈りを捧げる寿円禅師が、
「自分を呪い殺す」と勘違いし、祈りの邪魔を始めました。
しかし禅師は気にも留めず、毎日祈り続けました。
やがて河童は心を打たれ、自分の非を改め禅師の弟子となり、
祈りの手伝いを始めるようになりました。

そして21日目、雷が轟き大雨となりました。
祈りが通じた禅師は、感謝を込めて淵に身を投げました。
河童は慌てふためき禅師を助けようと続けて淵に飛び込みました。
しかし、大雨で水量が増していたので、流されてしまいます。
禅師の亡骸を抱えたままなんとか岸辺にへばりついていたものの、
人々が禅師の亡骸を探しあてたとき、河童は力尽きました。

この河童の霊を慰め、禅師河童と呼び弔いました。

参考文献
秋芳洞周辺山口の昔ばなし/萩・長門・秋芳洞周辺山口の昔ばなし(山口青旭堂)



秋吉観光の際はぜひ食べてみてくださいな♪



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.06.05 Wed l 美祢市のグルメ&お土産 l COM(0) TB(0) l top ▲
ジメジメした日が続きますな。
梅雨だから仕方ないが…。

気分転換に甘いものを食べてみた。

若鮎

旅相棒が井筒屋で買ってきてくれた、和菓子処いのくまの若鮎。
元々ある商品だが少し前までは販売されていなかったので、期間限定なのだろう。

鮎をかたどった生地の中に、求肥が入っている(多分求肥)
食べてみると、オレンジの香りが広がりとても美味しい♪
これはおすすめだ。


さて、明日明後日も晴れるみたいだから、新緑見に行くか。
では、どこ行こう。

う~む、最近出かけていない地域といえば、周防大島か岩国市錦町か。
よし、快晴ならば岩国市錦町にでも一人旅してくるかあ。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.06.03 Mon l 宇部市のグルメ&お土産 l COM(0) TB(0) l top ▲