長旅に欠かせないものの一つが弁当だ。
今日は二つほど紹介しておこう。

岩国錦帯御膳

岩国錦帯橋空港の売店で販売されていた、平清の岩国錦帯御膳。1050円。
空港売店売上で第1位のようだ。
東京羽田に行く予定ではないけど、
せっかく岩国まで来たのだから買ってみることにした。

岩国錦帯御膳

中身は岩国の郷土料理が詰め込まれている。

岩国寿司(岩国郷土料理)
大平風れんこん煮しめ(岩国郷土料理)
岩国れんこん三杯酢(岩国郷土料理)
岩国れんこん挟み揚げフライ(平清自慢)
おくら蒸鶏わさび和え
岩国蒟蒻の含め煮
西京味噌焼き鶏
海老芝煮
出し巻
焼き魚
紫芋葛包み

献立も付属しているので、照らし合わせながら食べてみるといいだろう。

さすがは平清といったところ、どれも美味しいが岩国寿司は特に美味しかった。


長州さくら弁当

もう一つは、新山口駅で買った長州さくら弁当。950円。
九州新幹線全線開業を記念して作られている。
明治維新の薩長同盟にちなんだネーミングは、
九州新幹線全線開通した現在において、
さらに山口と鹿児島の結び付きを期待しようというものだ。
写真には長州の高杉晋作、薩摩の西郷隆盛が使用されている。

「さくら」の名は、九州新幹線「さくら」から用いられている。

長州さくら弁当

山口県名物のフグの天ぷらとクジラの竜田揚げ、
岩国れんこんや阿知須名物の寒漬け、夏みかんシロップ漬けが入り、
長州どりの鶏ガラスープで炊いた茶飯が使用されている。
鹿児島県からは黒豚が使用されている。

旅におすすめな美味しさだ。
いつか長州さくら弁当を買って、山口県の旅をしてみよう♪


ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.09.30 Mon l 岩国市のグルメ&お土産 l COM(0) TB(0) l top ▲
さて、昨日の南原寺(美祢市)の彼岸花を見た後は、
国道435号線に入って、山口市へ向かった。

山口市に入るとすぐに山口市吉敷となるが、
その吉敷字中尾に大内氏遺跡の凌雲寺跡がある。
ここには大内氏30代当主義興(よしおき)の墓と、寺の惣門跡があるのだ。
そして彼岸花もきれいに咲いている場所でもある。

国道435号線から遺跡跡までの道は狭いが、
きれいに舗装されているので、セダンでもあまり気にはならない。
駐車場は舗装されていないけど広い。

大内氏遺跡

駐車場から案内板通り細い道を抜けていくと、
なんとも遺跡がありそうな雰囲気の台地が広がる。

大内氏遺跡

彼岸花も見頃を迎えている。

そして写真右端の石段を登っていくと…

大内氏遺跡跡

そこには大内氏30代当主義興の墓と、その婦人の墓が建っている。

惣門はさらに奥へと進んでいくようだ。
所々「まむし注意」の看板が設置されているが、
この日は草刈が行われていたので、足元の見通しがよく歩きやすかった。

惣門後までの道

奥に進むといっても、山道ではなく田園地帯のど真ん中を歩く感じだ。

凌雲寺跡

少し歩くと見えてきたのが、長さ60m、高さ3m、幅2mの石垣だ。

凌雲寺跡

説明版か引用して紹介しておこう。

大内氏遺跡・凌雲寺跡
凌雲寺(りょううんじ)は、大内氏30代義興(よしおき)を開基、
了庵佳吾(りょうあんけいご)を開山として永正4年(1507)、
この地に創建されたと伝えられています。廃寺の年月は不明ですが、
おそらく大内氏滅亡の後、いつの時代にか廃されたものと思われます。

寺は舌状をなして南に延びる台地上に営まれたもので、
注目すべきは大地の南端を東西に横切る長い石垣です。
これはこの寺の総門の遺構と伝えられ、
長さ約60m、高さ3m余りで、幅は2m余りあります。

巨岩をもって築かれた豪壮な石垣であり、寺の位置、地形などから考え、
有事に備えての城塞の役を兼ねたものかと思われます。

総門と彼岸花

総門と彼岸花

彼岸花もきれいに咲いているので、
今くらいの時季に訪れてみるのがいいかもしれない。
草が生い茂っている時季に来るときは、まむしに注意だ。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.09.21 Sat l 山口市 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は美祢市の南原寺へ。
目的は今見頃を迎えている彼岸花。
南原寺は彼岸花の名所でもあるのだ。

南原寺の彼岸花

この寺で彼岸花を初めて見たけど、なかなかの見応えだ。

南原寺の彼岸花

白花もあって、とてもきれいだ。

南原寺の彼岸花

南原寺の彼岸花

黄花も数本あったけど、南原寺の公式ホームページによれば
今年の黄花の着花率は非常に悪いとのこと。

南原寺の彼岸花

南原寺は敷地面積が広く、彼岸花も全体に広がっている。

南原寺の彼岸花

南原時は長門の国七不思議の一つのなる地蔵や、
南原寺七不思議なんかもあって、見どころが豊富な寺だ。
HPの山口県の旅でも紹介しているので、見てみてくださいな♪⇒南原寺

さて、この後は山頂の桜山展望台から景色を眺めて…、
といきたいところだけど、山口市でもう一か所彼岸花を見たかったので、
そちらへ向かうことに(小鯖八幡宮ではない)

というわけで、続きはまた明日!



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.09.20 Fri l 美祢市 l COM(0) TB(0) l top ▲
さて、美祢市のかかしコンテストを見た後は長門市油谷へ。
目的地は川尻岬や龍宮の潮吹だ。

龍宮の潮吹き

この日は強風だったので、良い潮吹が見られるだろうと思っていたのだ。
確実に見られる条件は北東の風で、尚且つ波の高さは2.5mだ。
この考えは皆同じだったようで、多くの観光客で賑わっていた。

ここで「龍宮の潮吹」を説明版から引用して紹介しておこう。

龍宮とは、この地帯の海蝕地形の総称です。
この地帯は第4紀洪積世(現在より約200万年前~1万年前)の
安山岩からできています。
岩の間に黄色く見える部分が流紋岩で、その部分が波で削れて洞ができます。
その洞内に打ち寄せる波が突入するごとに、圧縮された洞内の空気が
縦横1m、横0.2mの隙間より外に出ていこうとして海水を一緒に
吹き上げる現象が見られます。
吹き上げる海水は、北東の風が吹き海が荒れると30mにも達することがあります。



で、結論から言ってしまうと、予想以上の見応えだった。
写真だけでは伝えられないのが残念だが、傘がいるレベルだ。
上からと横からで、吹き上げられた海水が小雨のように降ってくるのだ。

龍宮の潮吹き

潮吹き方向を見てみると…、おお!! 吹いとる吹いとる!
一瞬でレンズが濡れてしまうほどに。
吹いてはレンズを拭いての繰り返しで撮影だ。
海水のせいでカメラが壊れるのではないかとひやひやしていたけど。

龍宮の潮吹

ちなみに、こちらは以前波が穏やかなとき真上から撮ったもの。
この洞内から吹き上がっている。

龍宮の潮吹

絶壁に近づいて横から見てみると、吹き上げがよく見える。
波も相当荒い。

龍宮の潮吹

傘はなかったが、のんびりと楽しませてもらった。
口周りは海水でしょっぱくなったけどね。

龍宮の潮吹

対岸から見るとさらによく分かる。

龍宮の潮吹

龍宮の潮吹

龍宮の潮吹

もう少し高く吹き上がるのを期待したけど、それは贅沢というものか(笑)



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.09.18 Wed l 長門市 l COM(0) TB(0) l top ▲
今回は美祢市と長門市油谷の旅。
今日は美祢市のかかしコンテストを紹介しておこう。

かかしコンテスト

かかしコンテストは美祢市の県畜産試験場の近く、
県道240号線沿いで開催されている。

一昨年から始まったイベントのようだが、まったく気が付かなかったな。

かかしコンテスト

テーマは自由で、全部で10作品展示されている。
そして投函箱も設置。

雰囲気やシステムは山口市阿東の嘉年かかしまつりに似ている。

かかしコンテスト

くりべえ&くりひめ。
美祢市の特産品の一つ、厚保栗だ。

DSCF70951.jpg

笑顔あふれる応援団。

かかしコンテスト

マツコ・デラックス。
風が強かったので、なんだかくたびれたご様子。


かかしコンテスト


かかしコンテスト

でましたよ、今でしょ(笑)
今年のかかしでは、なくてはならない存在ですな。

かかしコンテスト

風が強かったので、倒れているものや、損傷しているものもちらほら。
なんだかこの倒れ方、火サスのワンシーンのようだ。
手や足の折れ方がリアルすぎる(笑)



毎年、嘉年かかしまつりしか頭になかったから、
これで毎年の楽しみが一つ増えたわけだ。
今回は一部しか紹介していないので、
他は立ち寄ってみて楽しんでみてくださいな。
投票は今月の28日までで、投票結果は29日発表とのこと。

駐車場がなく、停めるスペースが少しあるという程度なので、
人が集中しすぎると停められないということがあるかも。
今後このイベントを続けて知名度が上がっていくようならば、
そこらへんも考えていかないといけないだろうな。


さて、かかしを楽しんだことだし、この後どうするか。
このまま秋吉台周辺を旅してもよかったが、
こんなに風が強いのだから、あそこに行ってみねばなるまい。
あそことは、長門市の油谷だ。
ちょうど北風だし、これほど強ければ波の高さも2.5m以上だろう。
この条件下で油谷の名所といえば……、


続きは次回(明日か明後日)のブログで!!



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.09.16 Mon l 美祢市 l COM(0) TB(0) l top ▲
シェ・カワモト

昨日は柳井市の旅をしていたんだが、
柳井市役所前を通ったときにたまたま見つけたケーキ屋、「シェ・カワモト」。

しょうゆロール!?

大きく「柳井しょうゆロール」とアピールしている。
柳井市の特産品と言えば「甘露醤油」だ。
そのしょうゆを使用したロールならば、食べてみねばなるまい。


しょうゆロール

柳井しょうゆロール、980円。
クリームはほんのりしょうゆ味で、少ししょっぱい。
ふんわり甘目のたまごスポンジと組み合わさると、とても美味しい!!
これはまた買いたくなってしまうな。

ちょっと遠いけど…。


甘露醤油バターケーキ

こちらは、甘露醤油バターケーキ、1000円。
ケーキの生地にバターと甘露醤油が合わさっている。
しょうゆロールほどしょうゆを感じないが、ほんのりとした味わいが良い。


しょうゆケーキ

こちらは、しょうゆケーキ・300円と、ブルーベリータルト・350円。
一番「しょうゆ」を感じたのが、このケーキだ。
クリームはもちろんだが、生地にもしょうゆが入っているのだろう。
さらに、これまた濃厚な甘露醤油のゼリーが乗っている。

こういうケーキは何度も食べたくなるな。


ブルーベリータルトは、下に濃厚なカスタード、上に甘さ控えめなクリームだ。
ブルーベリーは最近俺の中でブームなのだ。


エクレア

こちらはエクレア、180円。
長いな!
シュー生地とパイ生地の絶妙なバランスで美味しい!!


しょうゆクッキー

しょうゆクッキー

和クッキーしょうゆ、320円。
ザクザクして香ばしいしょうゆ味クッキーに、
竹炭パウダー&砂糖でコーティングされている。
真っ黒いクッキーは普段見ないから、面白いな。手も黒くなるし(笑)



よし、また柳井に行けば立ち寄ってみよう。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.09.06 Fri l 柳井市のグルメ&お土産 l COM(0) TB(0) l top ▲
ヤマミィ

おのだサンパークのインフォメーションで見つけたミニストラップ。
ちょるるは知名度的に説明不要なので、ネコキャラを紹介しておこう。

ネコキャラはヤマミィといって、山口大学のマスコットキャラクターだ。
愛称はYamaguchi Universityの「Yama」 と、
ネコの鳴き声を意味する英語の「Mew」から
私を表す「Me」を取り、組み合わせたものだという。

つい最近このヤマミィの存在を知ったんだけど、
誕生日が2012年11月12日と、まだ一年も経っていない新キャラだ。
素直で前向き、好奇心旺盛、好きな食べ物は夏みかんなど、
細かく設定もされている。


最近はゆるキャラブームにのっかって、全国で様々なマスコットが登場しているが、
ヤマミィもその一つということなんだろうな。
はぎにゃんといい、ヤマミィといい動物キャラは可愛くていいな。


しまねっこクッキー

可愛いといえば、島根県のゆるキャラのしまねっこもいいよな。
萩市の道の駅ゆとりパークたまがわで見かけて、クッキーを買ってしまった。





チョーコクン

宇部のイメージキャラクター、チョーコクン…。
彫刻をモチーフに、右手に若葉、左手に市の花のツツジとサルビアを持っている。
宇部市をよく表現しているけど、地味だよな…(笑)




ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.09.02 Mon l 山陽小野田市のグルメ&お土産 l COM(0) TB(0) l top ▲