道の駅萩往還で買ってみた、松陰柿。

松陰柿

この柿は吉田松陰誕生地と知られる旧松本村で江戸時代から盛んに栽培されており、
近隣では「松本柿」としても知られているらしい。
昭和時代には天皇にも献上した歴史があるんだとか。

品種は西條柿で、渋抜きをして生食、もしくは吊るし柿でいただくとある。
(松陰柿はあわせ柿)


松陰柿

吉田松陰や高杉晋作が活躍した150年前の時代から残る柿の木数十本。
その木から収穫できる松本柿だけを松陰柿として取り扱う数量限定の貴重な柿だ。

ちなみに、1859年冬に獄中で絶食をしていた松陰のもとに、
我が子の身を案じた母が吊るし柿を差し入れているとのこと。


歴史があり、道の駅萩往還のみ販売の数量限定ということもあって少々お高いけど、
美味しくて満足だ♪
もともと柿は苦手な方であまり食べないんだけど、ちょっとイメージが変わったかな。




ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2016.10.26 Wed l 萩市のグルメ&お土産 l COM(0) TB(0) l top ▲
9月は雨が多すぎて、大分旅行以外は出かけていないという有様(笑)

田んぼアート2016

今日は久しぶりの山口県の旅!!
てことで、田布施町の田んぼアートへ。

田んぼアート2016

いつもは9月に行っていたので、稲はまだ緑だったけど、
10月中旬にもなると色が変わっちゃってるね。
まあ、これはこれで秋っぽくていいけど。

田んぼアート2016

商工会議所サリジェ横のアートは、
田布施地域交流館のマスコットキャラクター・たっちー君。
そして、山合いから昇るかがやく朝日。

田んぼアート2016

こちらは、瀬戸の田んぼアート。
キャラクターはくまもんで、「がまだせ!」とデザインされている。
「がまだせ」とは、熊本の方言で「がんばれ」という意味だそうだ。

田んぼアート2016

そういえば、昨年ここの景色は圃場整備のために見納めと記されていたが、
しっかりとアートやってたね。何だったのだろうか。

田んぼアート2016

真殿交差点の田んぼアート。
こちらもくまもんようだけど、なんかユニークな(笑)
もう色もすっかり変わってしまって、ちょっと分かりづらいね。



さて、商工会議所サリジェ横のアートを見ている旅相棒。

田んぼアート2016

左手に持っている約1mの紙袋、何だかお分かりだろうか?


実はこれ、


フランスパンなんです。

レ・ザンジュ

このフランスパンを買ったのは、商工会議所サリジェから徒歩5分のところにある
ベーカリーショップの「レ・ザンジュ」。

レ・ザンジュ

で、フランスパンというのがこちら。

長っ!!

全長約1mのポークウィンナーが入っている。
商品名は「まほうのつえ」。
レ・ザンジュの一押しということもあって、遠方からも買いに来る人がいるらしい。

田布施産いちじくのデニュシュペストリー

こちらは、田布施産いちじくのデニュシュペストリー。
田布施町特産品といえばイチジク。
それを使った商品で、7~9月限定品。

ギリギリ買えたということか。

イチジクとくるみのバターブレット

こちらもイチジクを使用した、イチジクとくるみのバターブレット。

明太子フランス

注文を受けてから焼き上げる、明太子フランス。

しし丸

人気NO.1と表示されていた、揚げパンの「しし丸」。
鯛ちくわを生地で巻いて、ちくわの中にからしマヨネーズが入っている。



この他にもいくつか買ってみたけど、どれも美味しい♪
新たな旅先のお店を発見できたことで、
田布施川での花見も楽しみができちゃったな♪



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪



ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2016.10.12 Wed l 田布施町 l COM(0) TB(0) l top ▲