秋吉台サファリランドの動物ふれあい広場で
マルミミゾウのミミちゃん(♀:12歳)に餌をあげてきた。

マルミミゾウ

マルミミゾウは、耳が丸みを帯びており、牙がまっすぐ下向きに生えているのが特徴。
森林で生活していることから「シンリンゾウ」とも呼ばれている。


マルミミゾウ

ミミちゃんは頭が良く、スタッフの言うことは素直に従う。
頭の上に鼻を乗せて待機もその一つ。

ミミ

口も開けてくれる。
かわ.゚+.(´∀`*).+゚.ぃぃ

ミミ

そわそわしだすと、スタッフが一言「待て」
するとミミちゃんは鼻をフェンスの上に乗せて待つ。




しばらくすると、またそわそわ。



「ま~て!」


ミミ

「はい」


待ての時は動かないので、触ることもできる。


そして、ミミちゃんと一緒に記念撮影もできる。

ゾウ

この記念撮影は以前撮ったもので、ゾウはオスのダイだ。



やっぱり動物は癒されるなあ。



HPの山口県の旅も見てね♪




ブログも応援してね♪






2012.09.06 Thu l 癒し l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamaguchitabi.blog82.fc2.com/tb.php/107-da6ff889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)