残暑は厳しいけど、旅はしやすくなった今日この頃。

松陰神社

萩市にて、松陰神社へお参り。
幕末の偉大なる教育者・吉田松陰を祀った神社だ。

松下村塾

そして、吉田松陰が講義した私塾、松下村塾。
高杉晋作、伊藤博文、久坂玄瑞など、明治維新の原動力となった人物を多く輩出した。


猛暑ではないといえ、歩いているとかなり暑い。
う~む、このまま直射日光を浴びると、ハゲ…いや、熱中症になってしまう。


ということで、松陰神社境内にある松陰食堂で涼みながら昼食だ。

松陰食堂

店内は松陰に関する資料や、長州出身の著名人の写真が飾られている。
料理が出来上がるまでの時間を利用して、じっくり見てみるといいだろう。

松陰食堂のメインメニューはうどん、そばだ。

晋作うどん

旅相棒注文の晋作うどん(納豆入り)。
熱いうどんだが、店内は涼しいので、旅相棒にはちょうど良いとのこと。
麺に際立った特徴はないけど、納豆が良い風味と味を出している。
旅相棒の評価はいいようだ。

冷風松陰そば

俺は、暑がりだから冷風松陰そばを注文。
おおっ、そばの上に萩特産の夏みかんのスライスがのっている!
他ではまず見られないな。

出汁は少し濃いめで、夏みかんの風味が効いている。
そばは少しもちもちして美味しい。

松陰だんご

食後は久しぶりに名物の松陰だんごを食べてみる。
炭火で焼いた団子にオリジナルのゆずみそがかかっている。
外はカリっとして中はもっちりの食感に、ゆずの香りが口の中に広がる。
うまさ抜群だ!

夏みかんシャーベット

その後も近くの伊藤博文旧宅などを見ながらぶらぶらしていると、
またまた暑くなったので、夏みかんシャーベットを飲んでみた。
冷たくて甘く、ほんのり酸味が効いてかなり美味しい。
夏にはぴったりだ。

そして、お土産として柑乃雫(かんのしずく)を購入。

柑乃雫

柑乃雫

柑乃雫は夏みかんの中身をくり抜き、皮をそのまま器にして、
果汁をしぼって丸ごとゼリーにしたもの。寒天に近い食感かな。
冷たくて、夏みかんの香りと、ほのかな酸味が広がって美味しい。
お土産にはこれをおすすめしたい。

暑い夏は、保冷バッグを用意しておこう。



それにしても、よく飲み食いしましたな。
最近は体重計に乗るのが怖い(´・ω・`)



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.08.29 Thu l 萩市のグルメ&お土産 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamaguchitabi.blog82.fc2.com/tb.php/180-56744716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)