さて、美祢市のかかしコンテストを見た後は長門市油谷へ。
目的地は川尻岬や龍宮の潮吹だ。

龍宮の潮吹き

この日は強風だったので、良い潮吹が見られるだろうと思っていたのだ。
確実に見られる条件は北東の風で、尚且つ波の高さは2.5mだ。
この考えは皆同じだったようで、多くの観光客で賑わっていた。

ここで「龍宮の潮吹」を説明版から引用して紹介しておこう。

龍宮とは、この地帯の海蝕地形の総称です。
この地帯は第4紀洪積世(現在より約200万年前~1万年前)の
安山岩からできています。
岩の間に黄色く見える部分が流紋岩で、その部分が波で削れて洞ができます。
その洞内に打ち寄せる波が突入するごとに、圧縮された洞内の空気が
縦横1m、横0.2mの隙間より外に出ていこうとして海水を一緒に
吹き上げる現象が見られます。
吹き上げる海水は、北東の風が吹き海が荒れると30mにも達することがあります。



で、結論から言ってしまうと、予想以上の見応えだった。
写真だけでは伝えられないのが残念だが、傘がいるレベルだ。
上からと横からで、吹き上げられた海水が小雨のように降ってくるのだ。

龍宮の潮吹き

潮吹き方向を見てみると…、おお!! 吹いとる吹いとる!
一瞬でレンズが濡れてしまうほどに。
吹いてはレンズを拭いての繰り返しで撮影だ。
海水のせいでカメラが壊れるのではないかとひやひやしていたけど。

龍宮の潮吹

ちなみに、こちらは以前波が穏やかなとき真上から撮ったもの。
この洞内から吹き上がっている。

龍宮の潮吹

絶壁に近づいて横から見てみると、吹き上げがよく見える。
波も相当荒い。

龍宮の潮吹

傘はなかったが、のんびりと楽しませてもらった。
口周りは海水でしょっぱくなったけどね。

龍宮の潮吹

対岸から見るとさらによく分かる。

龍宮の潮吹

龍宮の潮吹

龍宮の潮吹

もう少し高く吹き上がるのを期待したけど、それは贅沢というものか(笑)



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.09.18 Wed l 長門市 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamaguchitabi.blog82.fc2.com/tb.php/185-dc847f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)