角島灯台ライトアップを見た後は、まだ時間はたっぷりとあったので
同じく期間限定でライトアップされているという長門市俵山の麻羅観音へ。

麻羅観音

麻羅観音の由来を説明版から引用すると、

天文20年(1551年)9月1日、中国地方の太守、
大内義隆公は家臣の陶晴賢に攻められ湯本温泉の大寧寺で自刀した。
翌2日、長子の義尊公はこの奥で捕らえられ斬首された。
墓は近習のものと共に上安田にある。
末子の歓寿丸は女装して山中にかくまわれていたが、
翌年春捕らえられてここで殺され男児の証拠に男根を切られて持ち去られた。
これを里人はあわれんで、この社をたてて霊を慰めた。

麻羅観音

オブジェはリアルすぎる。

俵山温泉があるため、年配の女性2、3人で訪れているのを見かけたことがある。

「あら、恥ずかしいわあ……」
「ウチのもん(主人)と同じ形だわあ…」

なんて、会話してた(笑)


その麻羅観音が期間限定でライトアップされているという。

麻羅観音ライトアップ

真っ暗な俵山の中に浮かび上がるLEDの灯り。
夜に一人で来るには少し寂しい場所かな。

麻羅観音のお堂

お堂もライトアップ。
ここへは、子宝に恵まれない人や健康増強への願を託す参詣者が多い。

麻羅観音ライトアップ

麻羅観音ライトアップ

マラのライトアップか…。
もともとインパクトのある名所なだけに、集客効果はあるんじゃないかな?
もう少しすれば大寧寺の紅葉ライトアップも始まることだし。

角島灯台ライトアップもそうだけど、今の時季は少し寒いのがネックだよな。
暖かい服装をしていこう。



ライトアップは11月20日ころまでのこと。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪





2013.11.03 Sun l 長門市 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamaguchitabi.blog82.fc2.com/tb.php/191-a11032f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)