光市にある伊藤公記念公園に行ってみた。
下松の旅の後なので(11月14日)、少し前のことになってしまうが…。

伊藤公記念公園の紅葉

伊藤公記念公園の紅葉

伊藤博文といえば明治維新後は初代内閣総理大臣を務め、
第5代・7代・10代と通算4度も総理大臣に就任し、
大日本帝国憲法の草起・制定の中心的役割を果たした人物だ。


モミジはきれいに色づいていたけど、
天候はどんよりとして、夕暮れ前の時間だったので少し暗いのが残念。

伊藤公記念公園の紅葉

伊藤公記念公園内には伊東公資料館や伊藤公生家がある。

天保12年(1841)9月2日、この地で生まれた伊藤公は、
6歳までこの家で過ごしている。
この生家は公一家が萩へ移り住んだ翌年の嘉永3年(1850)に
暴風雨により倒壊したが、大正8年に伊藤公爵遺跡保存会によって復元。
しかし、この生家も老朽化が進んだので、伊藤公誕生150年にあたる平成3年に
「ふるさと創生事業」の一つとして、もともと公の生家のあったこの場所に
建物の移転と復元を行っている。(説明板から一部抜粋)

伊藤公記念公園の紅葉

ここ来たのも久しぶりだ。
前回来た時は生家は締められていて中の様子までは見られなかったが、
今回は開放されて公一家の生活再現の人形を見ることができた。

伊藤公記念公園の紅葉

生家の裏で伊藤公が産湯に使ったとされる井戸が残されるとともに、
伊藤公ゆかりのモミジも植えられている。
樹齢は200~250年で、公の幼少時代からこの場所にあったとされている。
11月14日時点では、まだ色づいてはいなかったな。
写真で見て分かるように、空洞化しており老木なのがよく分かる。


この日は下松の滝の口河川公園もそうだったんだが、
久しぶりの場所の旅というのは楽しくていいな♪


オムライスカフェ桂花茶房

で、この日は朝からほとんど何も食べていなかったので、
伊藤公記念公園前にあるオムライスカフェ桂花茶房で食事だ。
柳井産卵や地元野菜を使い、種類がとても豊富な美味しいオムライスの店だ。

ガーリックトマトオムライス

旅相棒が食べたのは、ガーリックトマトオムライスのS。
オーソドックスなオムライスだけど、卵はふわふわでとても美味しい。

えびグラタンオムライス

自分が食べたのは、えびグラタンオムライスのM。
その名の通り、オムライスにソースとチーズをかけててグラタン風にしている。
グラタンというよりもドリアを食べている感覚かな。

一切れのレモンが添えられているんだけど、
その周りの香りと味がなんともいえない美味しさ♪


食後は珈琲を一杯。
美味しいものを食べると、長い距離の帰宅も苦にはならないな♪




ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪




2013.11.19 Tue l 光市 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamaguchitabi.blog82.fc2.com/tb.php/201-dca5c38e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)