伝承や民話にハマっている。
前から好きだったけど、最近は特にだ。

巨人(おおひと)

きっとその思いが、一つの看板を見せてくれたのだろう。
長門市油谷の川尻岬に行く途中で見つけた巨人(おおひと)の説明板。
前回川尻岬に行ったのは6、7年前くらいになるが、そのときは気が付いていない。

いや、看板には気が付いていたかもしれんが、
ゴミの不法投棄禁止とかだろうと思っていたかもしれない。

巨人(おおひと)

駐車場はないが、車の通りも少ないので適当に停めてみる。
結局一度も車は通らなかったがな(笑)

説明板を読んでみると、
昔、巨人(おおひと)がここから杖をついて、見島へひとまたぎで渡ったと言われており、
見島ではその足跡が、八町八反八畝八歩の水田になったとある。

石の上にあるくぼみは、巨人の足跡と杖の跡であると言い伝えられ、
周辺の地名も「巨人」と言われているんだとか。

どれどれ、さっそく見てみよう。

巨人(おおひと)

おお! 確かに足跡と杖と思われる丸いくぼみがあるぞ!
足跡は岩の奥側のものなのか、杖のくぼみ横のものなのかははきりしないが。
もしかして両方かもしれない。
ネットでは情報が得られないので何とも言えない。巨人ならば奥側か。

巨人(おおひと)

どちらにせよ、こういった伝承はロマンがあって実に面白い。
もっともっと見つけたいものだ。


ちなみに、北九州市門司区にも巨人(おおひと)坂と呼ばれる地名があるらしい。
こちらの伝承は、昔、巨人が片足をこの坂道に、
もう片方を対岸の山口県下関市にまたぎ関門海峡の水で顔を洗ったというもの。

片足が下関市のどこに着いたのか、気になるところだ。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪




2013.12.04 Wed l 長門市 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamaguchitabi.blog82.fc2.com/tb.php/209-379d5881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)