今日は道の駅きららあじすへ。
道の駅きららあじすの敷地内には一本の…

DSCF93941.jpg

DSCF93961.jpg

珍しい運命のもとに育ったといわれる薄寒桜。
説明版は長文なので、要約して紹介しておこう。

明治45年(1912)に日本とアメリカの友好親善のために、
日本から染井吉野、薄寒桜、八重桜、御衣黄など12種類6040本の桜の苗が送られた。
そのうち半分の3040本は、ワシントンのポトマック河畔とホワイトハウスの庭園に植え、
残りの半分はニューヨークに送られました。
ポトマック河畔は100年経った今では桜の木が植え増しされ、世界的に有名な桜の公園に。

送られた12種類の桜の苗木は静岡県清水市興津にあった当時の
農商務省農事試験場園芸部で作られました。
現在そこは国の果樹研究所になていますが、場内の山の中腹にそのときに作られた
桜の苗のうちの1本が残されています。

山口にも是非植えたいという思いから、10年ほど前に興津の薄寒桜から一枝いただき
接ぎ苗木として増殖させました。この薄寒桜はそのうちの1本です。

薄寒桜

アメリカへの桜贈呈100年を記念して、
2012年に道の駅きららあじすに記念植樹されている。
道の駅きららあじすのシンボルとして育てていくようだ。

薄寒桜

今は3分咲きといったところだけど、これでもかなり遅れているらしい。
薄寒桜は本来2月初旬に開花するけど、今年は寒気の影響がでているとのこと。
なるほど、来年以降2月上旬の楽しみが一つ増えたわけだな♪

薄寒桜とメジロ

のんびり桜を眺めていると、1羽のメジロが!

薄寒桜とメジロ

むっ、もう1羽追加とな!?

薄寒桜とメジロ

しかしこの2羽、自分が桜の真下にいるというのに、

薄寒桜とメジロ

なんとも大胆な奴らよのう(*´ω`)

写真2枚目を見て分かるように桜はとても小さい。
人が真下に立てばメジロとの距離はかなり短いんだが…

薄寒桜とメジロ

メジロは桜に夢中のようだ。
さすがは警戒心が緩い鳥といったところか。

薄寒桜とメジロ

薄寒桜とメジロ

桜の満開まではあともう少し。
暖かい日が続けば日曜日頃には満開を迎えるかな?


来週の水曜日までは、…さすがにもってくれないか。



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪




2014.03.12 Wed l 山口市 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamaguchitabi.blog82.fc2.com/tb.php/230-2a4ef84c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)