道の駅ソレーネ周南を楽しんだ後は、周南市栗屋の吉祥院へ。

吉祥院のサツキ

往古より毘沙門山の頂上にあった小堂を、
寛文2年(1662)妙道嶺音和尚が現在地に移したことに始まる曹洞宗金剛山吉祥院。

ここでの目的は…、


吉祥院のサツキ

そう、徳山百樹の一つでもあるサツキの古株である。
毎年6月中旬頃に満開を迎えるんだけど、
今回は残念ながらピークは完全に過ぎてしまってたなあ。

吉祥院のサツキ

アゲハが多く、5匹くらいは蜜を吸っていた。

吉祥院のサツキ

吉祥院のサツキ

きれいに咲いているのはほんの少し。
来年はもうちょと早く来てみるかな。
というか、家のそばにもサツキが咲いているから、見頃に合わせて来ればいいか。

吉祥院のサツキ

吉祥院のサツキ

それにしても本当に大きいな。
旅相棒と比較してみると、その大きさがよく分かる。
徳山百樹の一つなのも頷ける。


次は必ず全体がピンクに染まったときに来るぞ!
5月上旬は吉祥院周辺をつつじが囲ってきれいなので、このときも来てみたいな。


ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪




ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪




2014.06.13 Fri l 周南市 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamaguchitabi.blog82.fc2.com/tb.php/267-84b45307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)