久坂玄瑞誕生地から堀内の鍵曲まで歩いていると、
村田清風別邸跡や久坂玄機(玄瑞の兄)誕生地などの名所が点在。

村田清風別宅跡

村田清風(1783~1855)といえば、天保の改革の立役者として名高い人物。
19歳まで過ごした旧宅は長門市三隅にあるが、その後は萩に移り住んでいる。
ここは38歳のときから藩政に携わった25年間の旧宅である。

村田清風別宅跡

本邸の家屋は老朽化のため解体されており、敷地と長屋門のみが残されている。
敷地は公園になり、石碑が残っている。


夕暮れも近いので、再び目的地である堀内の鍵曲を目指す。

久坂玄機誕生地

観光マップには記載されていないので、
危うく通り過ぎてしまうところだった久坂玄機誕生地。

久坂玄機誕生地

久坂玄機(1820~1854)は、20歳も歳の離れた久坂玄瑞の兄。
藩医としてとても優秀で、玄瑞とともに「坂家の連壁(ばんけのれんぺき)」と称されている。

で、そこからほんの数十メートル歩くと、平安橋が現れる。

平安橋

この橋は萩城三の丸の3ヶ所の総門(北・中・平安古)の一つである
「平安古の総門」前の外堀に架けられた、城下町から三の丸への通路の一つ。
慶安5年(1652)の萩城下町絵図には木橋として描かれているが、
明和年間(1764~71)に架け替えられている。

平安橋

歩き回っていたので、ここで少し休憩。

平安橋

ん? そういえばこの橋といい、この風景どこかで見たことあるな…。


あっ!


1986年公開のシリーズ第37作目の「男はつらいよ 幸福の青い鳥」で、
オープニングに登場した場所だ!(←寅さん大好きらしい)
そうだそうだ、この作品は福岡がメインだけど、寅さんは九州へ渡る前に、
萩市と下関市に立ち寄っている。
萩市は萩城跡や平安古の鍵曲、平安橋が登場し、下関は赤間神宮。

この平安橋では、寅さんが靴を売っていたんじゃなかったかな?

平安橋

寅さんが平安橋に腰かけているシーンが、確かこの場所。
どんなポーズだったかは忘れたので、ポーズは特になし(笑)

今BSで毎週土曜に男はつらいよを放送しているので、37作目を楽しみにしておこう。
まだまだ先だけど。


それにしても、萩市はやっぱりくまなく歩き回った方が楽しいな♪



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪





ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2015.04.12 Sun l 萩市 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamaguchitabi.blog82.fc2.com/tb.php/326-23a56231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)