水曜日、美祢市の個人宅のバラ園を見た後は下関へドライブ。

住吉神社

立ち寄ったのは住吉神社。

DSCF28071.jpg

住吉神社は日本三大住吉の一つ。

住吉神社

朱色の拝殿は、天文8年(1539)年に、毛利元就が寄進した建物で、
過去に修復などが施されているものの、創建当初の原形や特質は損なわれていない。

住吉神社

本殿は応安3年(1370)に、大内弘世によって再建された、
室町初期の代表的な九間社流れ造り。昭和28年に国宝に指定されている。


とりあえず、先にお参りして大楠のパワーを体感しに行ってみよう。

DSCF61561.jpg

こちらが、武内宿祢命(たけのうちすくねのみこと)お手植えと伝わる大楠。

武内宿祢は孝元天皇(人皇第八代)の曽孫で、景行、成務、仲哀、応神、人徳の
五朝に仕えたといわれる。
仲哀天皇に従って熊襲を征ち、天皇が崩御になると、神功天皇を助けて、
新羅を従えるなどの偉功があった。 -説明板引用-

DSCF61511_20150524124011b26.jpg

武内宿祢手植えの楠の古株から新芽が生え、根回りは60メートルにもなった大楠。
パワースポットにもなっているので、来たときは手をかざしてパワーを頂いている。



さて、パワーを吸収して元気になったところで、
隣接する住吉公園のキショウブを見に行ってみよう。

住吉公園の黄菖蒲

ちょうど見ごろなんではないかと思ってはいたけど、

住吉公園の黄菖蒲

ちょっと遅かったかな。ピークは過ぎつつあった。

住吉公園の黄菖蒲

キショウブは公園の一角に約500株咲いている。
6月に見頃を迎える花菖蒲とは違い、5月中旬に見ごろを迎えるキショウブ。
もともと日本産ではなく、明治時代に観賞用としてヨーロッパから持ち込まれたもの。

住吉公園の黄菖蒲

ベンチも設置されているので、のんびり観賞できる。



ぼちぼち、お腹がすいてきたなあ。



というわけで、新下関のゆめシティにある「とんかつ処浜田屋」へ。

カツカレー

浜田屋は博多と小倉、そして新下関と下松の4店舗。
新下関店でカレーフェアが始まっていたので、カツカレーを注文。

ソースかつ丼

旅相棒はソースかつ丼。

柔らかい肉ってやっぱり美味しいよね~♪
カレーに特筆すべき点はないけど、ソースかつ丼はおすすめできる美味しさ。
ごはんも白米か黒米どちらかを選択できるのもいい。
カツカレーもどちらかにするか迷ったんだよね。ソースかつ丼は黒米にしたが。



この日もいい旅でした♪



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪





ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2015.05.24 Sun l 下関市 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamaguchitabi.blog82.fc2.com/tb.php/342-dbbfa42f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)