長門~角島間の国道191号線でずっと前から気になっていた阿川八幡宮。

阿川八幡宮

この阿川八幡宮入り口に説明板があったのを車中から確認できていて、
いつか立ち寄ろうと思ってすでに数年(笑)
今回は時間に余裕があったので立ち寄ってみた。

阿川八幡宮

説明板には「イヌマキ巨樹群」の事が記されていた。
イヌマキは南西諸島に多い樹種で、日本列島では通常照葉樹林内に散見される程度。

阿川八幡宮

イヌマキが純林を形成するのは珍しく、さらに成長が遅い樹種であるため
このように巨樹群によって林分を形成するのは稀らしい。

確かに外から眺めてみると、なんだか森へ入っていくような感覚になるね。

阿川八幡宮

イヌマキ巨樹群は山口県の天然記念物に指定されている。

阿川八幡宮

虫除けスプレーはしていないけど、巨樹群の中へ足を踏み入れてみる。

阿川八幡宮

なんとベンチまで設置されていた。
なるほど、ここで森林浴を楽しもうということだな。

風に揺れる葉の音がなんとも心地よい♪



ホームページでも地域別に風景・グルメ&お土産を紹介!
「山口県の旅」も見てね♪





ブログも応援してね♪
ポチっと押して頂けると嬉しいです♪



2015.07.02 Thu l 下関市 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamaguchitabi.blog82.fc2.com/tb.php/348-1450261f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)